2007年05月31日

これは癒されるぅ〜。

昨日トヨタ2の配列表も拝見した事だし、外出したついでに今日も摘もうとおもってヨ○○シいってみたら、もうすでに完売…orz。
ついでにトミカリミテッドNEOに三菱ギャランVR−4が発売されているようなので、買おうとおもったらそれも完売…。
galant.jpg
写真はCM’sのギャランです。
これの市販車バージョンで、80年後半から90年初頭のグループA車両、このパッケージを小型車に移植したのがランエボの始まりでした。
結構好きな車なんで、押さえておこうかとおもったんですが、別の店で実物を見てちょっと…。
これが¥1000ですか?
う〜ん、もうちょっと余裕があるときにしよう…。
でもこのシリーズ、レガシイRSとかが出るんですよね。
セリカGT−FOURとかブルーバードSSS−Rとかも出ないかな?
ファミリアGT−Rとかパルサーとか…Gr.Aのベース車両出たら絶対集めるよ。





とまあ、両方とも空振りとなってしまったわけですが、本日の目玉はこの後に控えてました。
ぶらりと寄ったゲーセン。UFOキャッチャーの中に鎮座ましましたのはなんと!
makumakun.jpg
超でかい”まくま”!!!

そう、NHKの「みんなのうた」で、宇多田ヒカルの「ぼくはくま」にあわせて見るものを魅了し続けたあの”まくま”くん。
PDVD_001.JPG
あの”まくま”くんがなんと、クレーンゲームの超BIGな景品として、ガラスケースの向こうからこっちを見ていたんです。
これは、これは…、これは獲らずにおくべきかーーー!!!

そして、親切なゲーセンの係員の助けもあり、見事ゲット!
見てくださいよ、この愛くるしい姿!
makuma.jpg

(;´д`)はぁぁ…、いやされるぅぅぅ〜。

ぬいぐるみの趣味はありませんが、こいつは嬉しいぞ!
どうしよう、車に積んでしまいそうだ。
いや。部屋にこそふさわしいか?


なんだ?今そこで変な顔した奴!

んじゃゴルァ!文句あんのか!щ(゜△゜щ)
posted by Sandy Moon at 20:51| ☁| Comment(3) | TrackBack(2) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイドーから?

pepsi.jpg
ペプシコーラって、日本だとサントリーが販売してますよね。

でも、これはダイドーなんです。
ペプシクラシックとかいうもの。缶の横にはペプシがダイドーのためにナンチャラカンチャラと書いてあったので、パチではないです。

で、お前のいいとこってどこよ?と問いかけながら飲んでみる。
帰ってきた答えは「コーラなとこ・120円なとこ・ノンカロリーじゃないとこ・量が多すぎないとこ」。
いい奴だね、おまえは。ネクストでもNEXでもないよな。

え?隣の梅は何かって?
いや、自販機で「もう一本どうぞ!30秒以内に選んでね」って言われたんですよ。
posted by Sandy Moon at 19:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

CM’sラリーカーコレクションSS.12 トヨタ編2

cmstoyotavol2.jpg
もはや定番となったCM’sのラリーカーコレクション、SS.12のトヨタ編パート2が発売になりました。
早いところではもう配列表が公表されていましたね。
私が買ったときにはまだ見てませんでしたが。
今日のお昼ごろに寄ったところでは、もうほとんど完売状態。
かろうじて一箱弱残っていたので、狙いを三つに定めて三箱摘みました。(当然アソートはぐしゃぐしゃで、分かってても抜けませんが)

今回の狙いは、大方の皆さんと同じく『Gr.Bセリカツインカムターボ』『Gr.Aスープラ』、後はシークレットかST185の1993(リトラクタブルクローズ版)あたりかな。
当然コンプの必要はありません。
しかしどうせリトラクタブル閉じた状態のカストロール出すんなら、1994年のツール・ド・コルスのオリオール車が良かったな。
グラベルでリトラをたたんだとこ見たこと無いし。

で、今回の釣果はというと。

まず一個目。
185-1.jpg185-2.jpg185-3.jpg185-4.jpg
1993年セリカGT−FOUR RAC。
カンクネン/グリストがチャンピオンを獲得したRACですね。
この後カンクネンはトヨタ→フォード→スバル→ヒュンダイと渡り歩きましたが、ドライバーズを獲得したのはこれが最後でした。
まさにST185の黄金時代です。コ・ドラのピロネンが脳出血でリタイヤし、シーズン途中でのグリストへの変更でしたが、チャンピオンになったんでしたっけね。1993・1994はドライバー・コンストラクターのダブルタイトル、正にトヨタの黄金時代。
基本的にはこの頃のサインツ・オリオール・カンクネンの時代が一番好きですね。

ちなみにモデルですが、パート1の赤パンダの色違いですね。
ホイールのO.Zですし、ベンチレーターも2つタイプ。どこかが違うといった感じは無いですね。相変わらずリアガーニッシュは未塗装だし。
ただ、台座が『Celica GT−FOUR RC』になってます。
でもRCって日本だけの呼称ですよね。当時ヨーロッパでは『Celica 4WD TURBO』(4X4だったかな?)だった気が…。
(カルロスサインツエディションは市販車の名称)
でも、これにあこがれてRC買ったぐらいだから、実際嬉しいです。

さて、この調子で二個目いくぜー!

って開けてみたら、見覚えのあるリアガーニッシュの塗られていないカストロール…。

(」゜ロ゜)」ダブった!

あらあ…、これはさすがに嬉しくないぞ…。
パート1は箱買いしたから、いくら185好きでもさすがに…。
どうしよ。O.Z履いてるし、塗装剥がして古のエルモ号にでも改造しちゃおうかな。

さあ、運命の三箱目!いっけー!

ta64-1.jpgta64-2.jpgta64-3.jpgta64-4.jpgta64-5.jpgta64-6.jpg
ホイきた!ツインカムターボ!
(底から開けてるんで)この無骨なお尻が見えたときは、正直ほっとしました。
Gr.Bは、時代が時代だけにあんまり詳しくありませんが、これは1985年のサファリ優勝車、カンクネンの車のようですね。
ユハ・カンクネン好きなんで、やっぱ嬉しいですね。
Gr.Bって、この無骨さがたまりませんね。切り落としたフロントオーバーハングにリアのオイルクーラー、そういえば三菱のスタリオン4WDって、これに似てますよね。非常に。
実車に明るくないので、モデルに対しての不満はあんまり無いんですが、アニマルガードが太くって、なんだか野暮ったいですね。まあ、このサイズで無理を言うのもなんですが。
あとはボンネットのアウトレット、墨入れしたいなぁくらいかな?
でもこのサイズでこのレベルに作った、いや企画してくれたCM’sには感謝してもしきれません。

こうなるとスープラとシークレットのカローラ(らしいです。なんでもライトポッド付だとか!)も欲しくなってきますね。

さて、次回は確かフォード編パート2でしたか。
希望はやはりRS200、フォーカスマルティニ、現行型フォーカスですね。
正直色違いはもうしんどいです。新規金型を強く熱望してます。
そのほかで期待してるのは、トヨタの222D、シトロエン、シュコダ・セアト・ヒュンダイのWRカーセットですかね。特にオクタビアとコルドバE2はかなり本気で欲しいなあ。
シトロエンなんて、いつやってもおかしくないと思うんですけどね。
SX4が出れば、スズキも出るかもしれませんね。

さ、次は京商フェラーリ4です。果たして望みどおりのGETなるか!
心配です…。
posted by Sandy Moon at 16:25| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 15巻

gundamorigin15.jpg
ファーストガンダムを漫画で描きなおしたジ・オリジンの15巻が出ました。
9巻の頭でいったんジオン兄妹の生い立ちから1巻の頭につながるまでのエピソードを描いてましたが、今回から元に戻ります。
ジャブローを出発し、ついに大気圏内最大の戦い『オデッサ』へ向かいます。
今回はミハルのエピソードです。
でもスパイの名前がミハルって言うのは洒落ですかね?
ストーリー中屈指のこの切ないエピソードもしっかり描かれています。

今回もゴッグやゾック、グラブロなどが登場し、あの『さすがゴッグだぜ』の名台詞もばっちり収録されてます。
が、一番気になったのはガンキャノンのモデルチェンジ。
guncannon2.jpg
一番最初に出てきたときは、三本指や一本キャノン等、ディティールがかなり異なってましたが、ジャブロー寄港後はこんな感じに。
guncannon1.jpg
ヘッドパーツやミサイルポッド、何より指が五本になってます。

さて、このお話がア・バオア・クーへたどり着くときには、私はいくつになっているでしょうね。
posted by Sandy Moon at 20:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

久々の飲み物

最近、お茶か炭酸水ぐらいしか飲まなかったんですが、その両方を満たしてくれるこの季節がついにやってきましたね。

今年はこいつから紹介です。
tiha2.jpg
ダイドー・Tiha。ティーソーダ。

そう、ティーソーダの季節ですよ!
しかもこのティーソーダはうまいっ!うまいすよ!
蓋を開けた瞬間から馥郁とした紅茶の香りが漂い、飲んでもしっかりとした紅茶の香りが楽しめます。
tiha1.jpg
そして夏みかん・レモン・ライムの柑橘系がその後を追いかけ、非常にさわやかな印象です。
シトラスでもみかんの甘さが目立つ感じかな。

今年もティーソーダのおいしい年でありますように。
posted by Sandy Moon at 12:58| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの雰囲気

いやいや、お久しぶりです。
実に10日ぶりですね、まともな書き込みは。

実はこの度、TOEICの試験に申し込み、5/27に受験してきました。
toeic1.jpg

受験会場は通常、近隣の大学等が割り振られるのですが、私に割り振られたのは少し遠い『東洋英和女学院大学・横浜校』でした。
toeic2.jpg
すごいですよね、『女学院』ですよ。
中に入ったのは初めてですが、なんだか『おじょー専用』みたいな雰囲気で圧倒されます。
しかし、昨日は日本全国暑かったんですが、森に囲まれて涼しいはずのこの敷地内はめちゃくちゃ暑かった…。
ま、教室内は空調つきなんでよかったですが。
なによりも心配なのは、男子トイレが必要数あるのかどうかでしたが、以外にあって良かったです。
本当にいい所でした。




いやいや、本題はそっちじゃなく。

TOEIC。始めて受験しました。
特に必要にかられたわけではありませんが、まあ『趣味で』英語の勉強を始めてそこそこの年月がたちましたし、現時点の能力の把握と自己啓発のため、まあひとつの区切りとして受験したわけです。

テストは『ヒヤリング・パート(46分)』と『リスニング・パート(75分)』の計約2時間で行われます。
ヒヤリング・セクションはラジカセ(見たいな物)から問題と回答の選択肢が流れますので、前半はみんな同時に進んでいきます。
しかし後半のリーディング・セクションはもう個人勝負!
75分で100問のリーディングはかなりきついです。170問(トータル)ぐらいまでは何とかたどり着きましたが、ここから先は問題を見ることすら叶いませんでした。とにかく時間が無かったです。

回答方式はマークシートなんで、最悪”勘”に頼った回答も出来ます。
回収の際に、最後のほうの解答用紙のA列が綺麗に塗りつぶされている人もいらっしゃったようですが、それで点数を取っても…。
TOEIC○点以上とか言う制限でもされているんですかね。

問題自体は難しいのからやさしいのまでバランスよく配置されてます。
ただし、出題もすべて英語ですから、それなりの英語力は必要になります。
でも、試験前に案内のしおりを読んでおけば、雰囲気で理解できますよ。

結果は1ヶ月後です。
手ごたえは…、ま、野暮な事はいいこなしですや、旦那。

ブログの更新が滞っていたのは、実はほとんどがこのためで、時間があれば『ニンテンドーDS・英語が苦手な大人のDSトレーニング/もっとえいご漬け』をやっていたためで、何とか試験前までに全問終了いたしました。
englishmore.jpg
効果があるかどうかと申しますと…

ある!


…と、申しておきましょう。
結果は一ヵ月後、果たして私は何点でしょう!
0点から1000点まで5点刻み。
どんどん予想してください!正解者には粗品を進呈(するとかしないとか)!

あんまり自信ありません!
posted by Sandy Moon at 12:26| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

ちょっとおやすみ

そんなに長くは無いですが、ちょっとお休みいたします。

I’ll be back!
posted by Sandy Moon at 21:29| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

立てこもり事件報道に思う

先日の町田の事件といい、今回の長久手の事件といい、若干気になることが。

周りを取り巻く報道陣、現場の状況を逐一報道するのはいいんですが、警官の配置状況や突入の動きなどまで逐一TVでリアルタイム中継するのはどんなモンでしょうか。

中にこもってる人間がTVを見れば、表の状況はかなり克明に分かると思うんですが。

まあ人員配置などはともかく、「あ、今突入の動きが…」なんていう実況は、完全に警察への裏切り行為なんじゃないかと思うわけですよ。
「部屋の周りに警官隊が配置され、突入の準備を…」なんてのもそう。
本当に無事な早期解決を望むんであれば、おとなしくしていて欲しいなと。
解決した後に好きなだけ流せばいいじゃないですか、そんなモン。

「マスコミは社会正義、国民の知る権利を守る代表」みたいなお題目を良く唱えてますが、選挙もしてないのに、あなたたちを選んだ覚えは無いですよ?
公権力の介入を嫌うのであれば、もう少しモラルを持って仕事に当たってもらいたいものです。

バランスを欠いたパワーバランスが危険なのは、あなたたちが一番良く知っているはずですよ?
posted by Sandy Moon at 20:28| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

歴代愛車第二弾

前回も紹介した、USBフラッシュメモリーを使ったGT4フォト。
個人的に好評なので、第二弾。
パフパフドンドン。

以前にも1/43スケールで歴代愛車をやりましたが、今回はGT4のフォト版。

gt41651.jpggt41652.jpg
トヨタ・セリカGT−FOUR(ST165)
一番最初に買った車がこれ。確か車体価格19万だった気が…。
修理代等で、この車が何台買えたかは秘密。


gt4rc1.jpggt4rc2.jpg
トヨタ・セリカGT−FOUR RC(ST185H)
二番目に買った車がこれ。昔から欲しくて欲しくてしょうがなかった車。高くは無いが安くも無かった…。
修理代等で…(以下省略)。

gt4wrx1.jpggt4wrx2.jpg
三番目(現在)に買った車がこれ。写真はSTIヴァージョンですが、見た目はおんなじなんで、良しということで。
高くは無いが、安くも無かった。


これは面白いですねぇ。露出や絞り、シャッタースピードまで変更できるんで、簡単にかっこいい写真が撮れますし。
今は無き愛車たちの写真が撮れると言うのもたまりません。
posted by Sandy Moon at 13:25| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

最強のユル系

イオン系のお店には、以前からユルユルの極み「Maisto」が販売してました。ボックス仕様で、トランジットオーソリティという奴。
で、こいつらが一掃されたと思ったら、こんなものが販売開始に。

newmaisto.jpg
こんな感じのブリスター。一個¥200弱。

大きさはトミカサイズ、軽いボディにゆるいデザイン。
お世辞にもあんまりいい種類ではないけど、玉石混合って言うの?
中にはすごいのも。

中でも二個ほど買いました。一個はキャデラック・シエン。
キャデのコンセプトモデル。(写真アップするの忘れた)
サイズはHWよりちょっとでかいかな?
変なデザインの中でかなりまともなデザイン。

そしてもうひとつ。
こっちはかなりかっこいい!
画像 027.jpg画像 028.jpg
プリマス・ヘミ・クーダ!!!

おおー、ヘミクーダかよ!しかも紫!
こればっかりは、マッスル得意のHWより出来がいいんじゃねーか?
残念ながらリアウイングは無いけどね。
丸目4灯のクーダは’71年式だそうです。

しかし7リッターってすごいよね。
レース用ヘミエンジンをストリート用にしたストリートヘミ。
以前ならこんなものに興味を持つ事は無かったのに、かっこよく感じるんだよね〜。
1967年型GT500や70年型ダッジ・チャージャーとか、69年型カマロSSとかさ。
やばい、はまりそうな予感です。
posted by Sandy Moon at 22:14| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

USBフラッシュメモリーさいこー!

今更ですが、USBフラッシュメモリーを買いました。
PC使いなら、持ってる人のほうが多いかもしれませんね。
だって、データを持ち運ぶ事はないし、デジカメもカードリーダーがあるから必要なかったし。
ただ、フラッシュメモリーがとある事に使える事を知ってしまい、今更ながら購入したわけです。
ただ、これって結構高い!最低ランクの256MBで、一番安くて¥1400くらい。1GBくらいだと¥4〜5000位するみたいで、安いのでポイントでも使おうかとコ○マ電気で悩んでいて、今正にレジへ向かおうとしたとき!
「USBメモリーお求めですか?」
と、店員さんが遠くから小走りでやってきました。
きょとんとして「はぁ。」と答えると、「実は今、こちらに安いのをご用意してまして…」と教えてくれたのが512MBでVista対応の優れもの!
しかも¥900ですよ!!
すばらしい!店員さん!Good Jobですよ!
いやー、これで顧客の心をゲットですね。

とまあ、こんな調子でゲットしたUSB。
早速利用したのがこれ。
subarucatalog1.jpggtimpreza1.jpg
左が私が乗っているC型のカタログ写真、右がグランツーリスモ4のフォトモードで撮った写真です。
かっこええ…。高速コーナーで左前にGがかかる一瞬の場面にほれ込んで、これを再現したわけです。

subarucatalog2.jpggtimpreza2.jpg
角度や大きさはもとより、ホワイトバランスや露出、シャッタースピード等自由自在に操れるので、かなり面白いです。
今まではこれをPS2の画面上でしか遊べなかったんですが、USBメモリーが手に入った事で、これをPCで素材として使えるわけですよ。

gt360.jpg
こんなお遊びまで。w
posted by Sandy Moon at 16:52| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

SPIDER−MAN 3

spidy3-1.jpg
久しぶりに映画館へ行きました。
『SPIDER−MAN3』を見てきました。

スパイダーマンの映画は、個人的にすごく思い入れがあって…、どうしても見たかったんですが、やはり見てよかったです。
(あくまで個人的見解ですが)すっごく面白かったですよ、この映画。

ストーリーは前作のすぐ後から始まります。
長年の紆余曲折の末、自分がスパイダーマンであることを告げ、ついに結ばれたピーターとMJ。スパイダーマンを父の敵と信じて疑わない親友のハリー。そのハリーにも正体がばれてしまう。
愛するMJとの幸せを感じ、結婚を決意するも、親友のハリーからは復讐の的とされる…。

今回の敵役は親友ハリーが扮するニューゴブリン、最愛の叔父ベン・パーカーの命を奪った強盗犯フリント・マルコが悲劇の末に変身したサンドマン、地球外寄生生命体とピーターに恨みを持つカメラマン、エディ・ブロックの融合したヴェノムの三人です。

原作を知らない方でも一通り楽しめますが、原作を知っている人のほうがより楽しめるのは前2作と同じ。
それを踏まえたうえでのオリジナルストーリーですので、最後まで本当に楽しめます。
ラストバトルは「こうきたか!」と、思わず鳥肌物。



以前「スパイダーマンは3でおしまい」と、サム・ライミは言っていたような気がしましたが、本当にこれでおしまいなんでしょうか。

spidy3-2.jpg
しかし、アメリカンヒーローって似合うよね、こういう構図。
星条旗が似合うのはキャプテンアメリカだけじゃないんだね。
こういう分かりやすい正義は大好きです。

詳しく書くとネタバレになってしまうので、書けないのがホントに残念。
本当に面白かったです。


さて。
恒例になりつつあるチラシ紹介。

300.jpg
300(スリーハンドレッド)。紀元前480年のスパルタ王国のお話。スパルタという言葉の語源がこれですね。

diehard4.0.jpg
ダイハード4.0。最近ロッキーの最新作が公開になりましたが、これも今流行の戦うおっさん。
不死身のおっさん、ジョン・マクレーンは、ついに国家を救う?

herrypotter.jpg
ハリーポッターと不死鳥の騎士団。
5作目でしたっけ?これ。ハリーも大きくなりましたね。

tranceformers.jpg
トランスフォーマー。あんまり情報が無いんですが、コンボイ司令官は出るんでしょうか。

zodiac.jpg
ゾディアック。
実在する連続殺人事件を題材にしたという映画。
デビット・フィンチャー監督という事は、また難解な映画なんだろうな。

pirates.jpg
パイレーツ・オブ・カリビアン〜ワールド・エンド。
人気の海賊映画の三作目。実はひとつも見たこと無いです。

oceans13.jpg
オーシャンズ13。
オーシャンズ11に始まった泥棒映画も3作目になり13へ。
11だけ見ました。思い出の映画です。




さ、今回は以上で〜す。
♪スパイダーマン♪ ♪SPIDER−MAN♪
posted by Sandy Moon at 20:36| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリオ、そのくだらなさが好き。



Youtubeで見つけたリアルマリオ。
あまりのゆるさに悶絶物。

英語なんで分かりにくいかもしれませんが、お勧めです。
posted by Sandy Moon at 18:01| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

GTあれこれ

クルマのグレードにはよくGTという名称が付いています。
GT=つまりグラン・トゥリズモ、イタリア語で大旅行という事です。大旅行を可能にする速度・性能・快適性を備えた車ということですね。
最近ではGTを冠した車ははいて捨てるほどあります。
ともすると、一番低グレードがGTだという事すら。

GTにはいろんなグレードがあり、GT〜とありますが、その実GTのあとのアルファベットにどんな意味があるか分からないものがよくあります。
というわけで、GTにどんなバリエーションがあるか調べてみました。

GTA
Aはイタリア語で「アレッジェリータ」、訳すと軽量化という意味で、通常グレードより軽量化した車体の事を指します。
アルファ・ロメオに良く見るグレードですが、現在のGTAは軽量化されているわけでなく、過去の名称を受け継いだスポーティ・グレードという解釈だそうです。

GTB
Bはイタリア語で「ベルリネッタ」、訳すとセダンやクーペなどのボディ形状の総称をあらわすそうで、明確な規定は無いそうです。
フェラーリに良く見る名称ですが、フェラーリでは「屋根付き」という意味で用いられているようです。
スカイラインにもかつてGT−AやBといったグレードがありましたが、Aバージョン・Bバージョンぐらいの意味のようです。

GTC
正確な意味を調べられませんでしたが、おそらく「競争」という意味の「コンペツィオーネ」というイタリア語と思われます。英語ですとコンペティションですね。
フェラーリのGTレースモデルのGTCはきっとこれでしょう。
ドイツ車に「コンパクト」をあらわすGTCが有ったようですが。

GTD
Dは「ディーゼルエンジン搭載車」のDだそうです。フォルクスワーゲンのゴルフに、過去にあったようです。

GTE
とりあえず存在してません。スカイラインにGT−E・Sというグレードがありましたが、何を表しているのか分かりませんでした。

GTF
とりあえず存在してません。GT−FOURというグレードがセリカにありました。4WDのFOURでしょう。カルディナの4WDターボにもこの名称が用いられました。

GTG
とりあえず存在してません。

GTH
とりあえず存在してません。

GTI
Iは「インジェクション」、つまり燃料噴射式の高性能モデルに冠された名前で、インジェクションエンジンを搭載したフォルクスワーゲンのゴルフに付けられていました。
キャブレターでなくインジェクションが主流の現代においては、その伝統的高性能イメージのみ踏襲しています。

GTJ
とりあえず存在してません。

GTK
とりあえず存在していません。

GTL
とりあえず存在していません。ルノーにGTLが有りますが、これはグラン・TLというTLの上級グレードなので、GTでは有りません。

GTM
とりあえず存在しません。

GTN
とりあえず存在しません。

GTO
Oはイタリア語で「オモロガート」、つまり「公認」という意味です。レース参戦に必要なベース車両の公認を受ける為の車両のことです。
これは意外と多くの車に名づけられています。フェラーリ・ポンティアック・三菱が有名でしょう。

GTP
とりあえず存在しません。静岡出身のグループにこういう人たちがいましたが…。

GTQ
とりあえず存在しません。

GTR
いわずもがなのGTR、Rは「レーシング」のRでしょう。
スカイラインGT−Rを筆頭に、各メーカーでGTRは存在します。
国産乗用車で、初めてGTRの名を冠したのはいすゞべレットだそうです。

GTS
これも多くの車に存在します。Sは「スポーツ」でしょう。スポーティやシュポルト、スポルトやストリートなどという意味もあるかもしれません。
Sを使った名前にはSS(ストリート・スポーツ)やRS(レーン・シュポルト)などもありますね。

GTT
明確には存在しませんが、トヨタのカルディナにGT−Tが存在します。Tはおそらくターボでしょう。

GTU
とりあえず存在しません。

GTV
Vはイタリア語で「ヴェローチェ」、訳すと「速い」という意味です。
これもアルファ・ロメオに伝統的にある名前です。

GTW
とりあえず存在しません。

GTX
ゴルフのトップグレードにGTXが存在します。Xの意味を調べる事は出来ませんでしたが、EX(エクストラ)等を省略してXとする事もしばしばあるので、そういうことかもしれません。

GTY
とりあえず存在しません。

GTZ
トヨタのレビン・トレノのスーパーチャージャー装着車にGT−Zというグレード名を付けていました。
Zの意味は不明ですが、スーパーチャージャーの付いた1600ccのエンジン形式が4AG−ZEなので、そのZかもしれません。


と、まあ。
素人ながらに調べてみました。もし間違いや新たな発見があったら教えてくださいな。
タグ:GT
posted by Sandy Moon at 23:06| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

頭文字D 35巻

initiald35.jpg
頭文字Dの最新刊、第35巻が発売になりました。
神奈川編ファーストステージ、ヤビツ峠・チーム246の大宮とのダウンヒルバトルが決着を迎えます。

しかし、この表紙は…!

インプレッサは青だったのか!

某プラモデルのパッケージでは、ガンメタだったと思ったのに…。
なんでもアニメ版とゲーム版は青だそうです。
だからなのか、今回の表紙では青になっています。
これは公式に青という事でいいのかな?
でもこのインプレッサ、設定はGC8Ver.5のタイプR(クーペ)という事になってますが、エクステリアはどう見ても22Bのものです。
フェンダーはナローの様ですが、フロントグリルの開口部は22Bのそれよりもはるかに広いWRカー(98年型からは開口部が拡大されています)のような形です。
つまりストック状態のタイプRではなく、エクステリアを変更しているようです。(もちろんデッサンの狂いという事も十分考えられますが。)
すでにリリースされている映像や模型などは、どう対応しているんでしょうね。

Ver5.JPGこれがVer.5のクーペ。

buntaimp.jpgこれが文太のインプ。

ね?ちがうでしょ?
ちなみにこの頃のタイプRは、紺はあるけどブルーはないらしいです。
う〜ん…、若干ご都合主義。

しかし今回は、今後の展開が気になる巻でしたね。
松本にかかってきた涼介からの電話の内容、サイドワインダーの北条のクルマ、RTカタギリのクルマとドライバー…。
でも、今回一番の見所はやっぱりVol.488でしょうね。
デート帰りの東名高速…。あれはすごい!!
今までで一番の衝撃といっても過言ではないですね。

さあ、見所満載の35巻。
気になったキミは、今すぐ本屋さんへGO!

♪イニシャルD♪ ♪頭文字D♪
posted by Sandy Moon at 21:32| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。