2007年06月30日

スペチアーレの誘惑

f40c1.jpg
ようやく…、ようやくF40コンペツィオーネが到着しました!

色々見て思ったけど、このF40は過去最高の出来じゃないですか?
FXXもかなり出来がよかったけど、総合的に見てこっちかな。
前回のF50GTとF40Cが並んでいる姿はかなり来ますね。
F50もライトの部分がオールシルバーなのが残念でしたが、あれもすごかったですからね。

f40c2.jpg
F40もF50もエンツォ・フェラーリも、フェラーリにしてみれば特別な車、すなわち『スペチアーレ』なわけですが、これを更にコンペティション用にしているんだから、これにときめかない奴は漢じゃない!
F40はル・マン等に参戦してましたが、F50もFXXもコンペティションの世界には現れませんでした。(そういえば、河村隆一氏のF40はLM仕様に改装してありましたね。)
ちなみにエンツォ・フェラーリをコンペティションの世界に送り込む為に誕生した車が『マセラティ・MC12』です。
FIA−GTのGT1クラスで活躍するMC12にFXXの姿を重ねる事が出来ます…。MC12もかっこいい…。

さてさて、F40・F50とエンツォとは、明らかに異なる事がありますね。
F40・F50ともにフェラーリの節目の年にリリースされる特別なモデル。
となると、今年フェラーリ創設60周年となる今年は、当然F60のリリースが気になるわけですよ。
雑誌なんかでは、599GTBでニュルを疾走するシューマッハの写真とかが写ってました。
そして噂に上る600GTOの名前…。
Dinoの後継の話もありますし、いずれも599がベースになってるんでしょうか。

果たして、F60は来るんでしょうかね?


さて、今回大騒ぎした京商フェラーリもひとまずこれでおしまい。(の予定)
最後にGTを勢ぞろいさせて…
fwall.jpg


posted by Sandy Moon at 17:53| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

ジオラマベース

昔、ダイドーのおまけのWチャンスでカフェ前のようなジオラマケースがありましたね。
1/64のジオラマって、実は意外と無くないですか?
チョロQとかはある見たいだけど。
いまさら高い金だしてオクでGETってのもいやだし、でも写真を撮るときにあるとかっこよくなるし…。

で、前にトミカタウンのガソリンスタンドを買ったんですが、トミカサイズでゆる系ならいいんですけど、京商1/64とかだとやっぱ合わないんですよね〜。

てなわけで、代わりになりそうなものを探してみました。

見つけたのは、小さな戦車用のジオラマケース。
かなり小さめなんですが出来は中々で、野戦のほかに市街地もあるようです。
一個の大きさはぎりぎり1/64が入るくらい。
diop.jpg
でもさすがに写真を撮るとなると、ベースのサイズが足りません。
後ろの背景とのサイズも合わないし、ピントも合わせずらい。


そこで、豪勢にも二個購入し、一個のベースをぶった切って一枚の土台にし、背景写真を縦に重ねてみました。

それがこれ。
dio5.jpg
モデルはヨーロッパの町によく似合うフェラーリ599GTBです。

結構苦労してくっつけた割には、よく出来てると思いません?
さすがにダイドーのおまけケース並とはいいませんが、少なくともトミカのガススタよりはレベルが上に見えます。

dio41.jpgdio42.jpg
こういうのは、やっぱりストラダーレのほうが似合いますね。
ただ、ベースだけ見るとやっぱしょぼい。
間違えて削ってしまったかけらとかぼこぼこしちゃってるし、クラフトテープやガムテープなんかも付いてるし。

やっぱ1/64サイズのかっこいいジオラマ売ってないかな〜?

posted by Sandy Moon at 22:25| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

ラリーの日産

nissan.jpg
CM’sコーポレーションのラリーカーコレクション、今度はなんと日産編だそうです。


なぜ。なぜ日産。

新規メーカーなら、とりあえずここはシトロエンじゃないの?
シュコダでもいいよ。
ひょっとしてあれか?K社から出るという噂のスカイラインを意識してか?

王者復活の為に開発されたが未勝利に終わった悲劇の車パルサーGTI-Rや、過去稀に見る200SX・240RSなどのラインナップでコアなファンも納得の車種をセレクトしました!
サファリラリーで4連続優勝という活躍を見せ、<ラリーの日産>とまで言わしめた、あの栄光をもう一度!!


コアなファンも納得…。というか、コアなファンが納得…。

Nissan_VIOLET_710_rallycar.jpg
サファリラリー4連勝って、シェカー・メッタが成し遂げた偉業なんだそうですが、バイオレットGTのイメージって、正直あんまりありませんでした。

240Zや510ブルのほうが、『ラリーの日産』って感じがしてたんですが。
でもラインナップには240Zや510ブルは無いのね…。
他はパルサーGT@−Rと200SX(いわゆるS12ガゼール?)と240RS(そのまたもう一個前のシルビア)…。

欲しいです。が、あまりときめきませんね。

こうなると気になるのがシークレット。
今までどおりだと同キャストの色違いですが、今回はどうでしょう。
510ブルとか240Zとか持ってきちゃったり…は、しねえよな。

でも、当然今までこのサイズでなかった『マニアック』な車種選択とモデル化には、毎回本当に頭が下がります。
敬意を込めて、買います。
posted by Sandy Moon at 18:05| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは、明らかな犯罪です。

結局F40は出ずじまい。
土日も過ぎ、もうお店においてるところなんか無いよ…。


と思ったら、インターネットでサークルKサンクスを検索したときに、全く知らないところに店舗があることを発見。
新しく開発している地域で、以前は貨物線くらいしかなかった埋立地なんだけど。

そう、横浜コットンハーバー店です。

原チャリならそんなにかからずに行けそうなんで、先ほど行ってみました。
願わくばF40コンペが手に入るようにと…。

見つけにくい場所にあるコンビニなんですが、ようやく発見。
店舗に入ると、棚に3つだけ残っていました。

3つなら買い占めてしまおうと、よく見もせずにドキドキしながらレジへ。

急いで家に帰ったときに、愕然としました。

画像 041.jpg

サーチされていたんです、これ。
底の蓋の部分の隙間から何かを突っ込んで、中身をのぞいた形跡があったんです。
残っていた3つ、全部。

中に入っていたのは、『412銀』『FXX青』『275GTB赤』。

これをやった人間は、きっと自分の欲しい種類を得意満面に取っていったんでしょうね。
コレクションに加えたんでしょうか、それともオークションで売り飛ばしたんでしょうか。

いずれにせよ、これは犯罪です。

そういう話を聞いた事はありましたが、実際に自分が当たるとは思ってませんでした。
みんななけなしの金をはたいて買っていたのに。
なんだか怒りを通り越して、悲しいです。

開けてから気づいた以上、証明することも出来ません。

これをやった人、自分では分かってますよね。
恥を知ってください。

なんだか、少し熱が冷めてきてしまった思いです…。


京商には、覗けない箱を作ってもらえる様にお願いします。
posted by Sandy Moon at 00:17| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

TOEIC結果発表!

ド素人が無謀にもTOEICに挑戦するという無謀企画の第一部の完結編です。


ついに先月末に受けたTOEICの結果が出ました。


toeic.jpg
結果…445点


う〜ん、まあ大体予想どおりかなぁ。
リスニングはまあまあよい点数なんですが、リーディングは壊滅状態…。
基礎が欠落してるのがはっきりした結果に。

最初に考えた目標が450点以上だったので、微妙な結果に。


でも、やっぱうれしいかな。

第二部を企画することがあったら、200点アップしたいなぁ…。
posted by Sandy Moon at 16:19| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

求む!F40コンペツィオーネの赤!

京商フェラーリも、そろそろ店頭より姿を消し始めましたね。
つまり祭りももう終わり…。

私の住む横浜近辺でも、まだ若干あるものの風前の灯…。
こうなってくると、もうオクやレンタルボックス・リサイクルショップに頼るしかなくなってくるんですが、やはり人気のあるものは高値が続いております。

一番人気はFXXの赤。
相場的には、一時¥2500強にまで高騰しましたが、現在は大体¥2000前後。
運がよければ¥2000以下で手にされる方もいらっしゃいそうです。
私は幸運(?)な事に、FXXの赤は事欠きませんでした。
一点は放出する事になりますが、現時点で赤4台手元にあります。
黄色と紺も一台ずつ手に入りました。

次に人気なのがやはりF40コンペツィオーネの赤のようですね。
これは各モデルにいえますが、赤以外はほとんど人気が無いですね。
F40の赤の相場が大体¥2000弱。¥1900台をよく見かけます。
即決となると、やはり¥2500くらいまであがってくるようですが。

三番めが330P4ですかね。
ダイドーのコーヒーのレアモデル以来のモデル化ということで、人気も評価も高いようですが、一時の高騰の熱が冷め、大体¥1500〜¥2000くらいの値段が付いているようです。#21が人気のようにも思いますが、まああまり差が無いかな?

【補足】
先ほどオクを見てきたら、この三台も含め、暴落してきているようです。
かなり値落ちしているみたいですね。欲しい方はチャンスかもしれませんよ。


それ以外のモデルはというと、たとえ赤でもあまり値段が上がってないようです。
¥500くらいから入手できそうですし、赤で無いと定価割れの品物も出回ってます。
いかに今回はFXX狙いだったかが分かりますね。

そういった中で、意外なほど評価が低いなと思うのが599GTBですね。今日のぞいたレンタルボックスでも、赤に¥500の値札が付いてました。
モデルの出来の良さや実車の人気を考えると、もう少し取り合いになってもよさそうなモンですけど。
しかも、赤以外の青・黒の出来も¥420とは思えない出来。
特に各モデル・ブルーメタの塗装は驚きの出来でしたね。
ビーズコレクションで¥1500クラスの値段が付いても、きっと飛ぶように売れたであろうと思います。

今回一番不人気だったのは、やっぱり412ですかね〜?
512もバブル世代のテスタファン以外にはあんまり魅力の無いモデルかも。

私は結局、今日までに予定外の21個購入となってしまい本気で真っ青なんですが、結局F40にはお目にかかれませんでした。
赤だけでなく、他の色にすら。

引き続き、私はF40の赤を求めてゆきます。
トレード情報はこちらで引き続き募集させていただいてます。
F40コンペの赤、とっかえてもいいよ〜とおっしゃってくださる方、熱烈歓迎です。

プロフィール欄のメアドよりご連絡ください。
携帯の方は、メッセージ欄にメアドください。確認次第メッセージは消去しますのでご心配なく。

続きを読む
posted by Sandy Moon at 17:55| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

V12・FRの誘惑

5995751.jpg

京商フェラーリ4より『599GTBフィオラノ』と3より『575GTC』です。

FR12気筒のフェラーリ575をベースに、FIA−GTなどに投入した575GTC。
ベースの575が575Mを経て、599GTBへとモデルチェンジすれば、当然この599GTCの姿を想像するのは当然の事でしょうね。

5995752.jpg
しかしこの599は、本当によく出来ていますね。惚れ惚れします。
特徴的なトンネルバック・スタイルのCピラーも、ちゃんと隙間が開いているなんて、芸が細かいじゃないですか。
この辺は企画者やデザイナーの意地すら感じますね。

5955753.jpg
一般量産車(?)としては、現時点で最新の599。
なんて美しいクーペスタイルなのでしょう…。さすがGTBを名乗るだけのことはありますね。
612スカリエッティと似たテイストもありますが、スタイルのよさはやはり2シーターの599のほうが圧倒的によいです。
返す返すも、これがトミカ+数十円というのはどう考えてもオーバークオリティでしょう。

さて、ここまで来ると、当然次は『スペチアーレの誘惑』につなげる予定だったんですが、残念ながらF40コンペツィオーネを未取得…。
いつ続きをできるかな〜?
posted by Sandy Moon at 01:24| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エボルツィオーネの誘惑

430c1.jpg

京商フェラーリ4より『F430チャレンジ』と2より『F430』です。

F430をベースに、ワンメイクレース用にチューンしたのがチャレンジ、ロードバージョンにしたのがチャレンジ・ストラダーレ。
チャレンジのタンポ印刷がされているバージョンより、ストラダーレを感じさせるロッソが希望でした。

チャレンジは、ボディ形状にノーマルとの差異はあまり無いと思いますが、フェラーリ2のF430と比べるとかなり違います。
430c2.jpg
車高も違うしタイヤのサイズも違う。『おもちゃ』から『スケールモデル』に進化した感じです。
このリヤセクションが、実車同様かなり違っています。(シェイプも)

430c3.jpg
文句の無いプロポーションですが…、タイヤがツライチで無いのが若干泣かせます。


実はこのF430、若気の至りでエンジン塗装してしまいました。
430c4.jpg
つたない技でも、やっぱり塗ってあるとかっこよく見えますね。



posted by Sandy Moon at 01:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

V8GTの誘惑

360gtc1.jpg

京商フェラーリ4より『360GTC』と3より『430GT』です。

フェラーリのコルセ・クリエンティが誇るV8コンペティションマシン。

FIA−GTを始めとしたレースの世界に、フェラーリが送り込んだ新旧V8MRマシンを並べてみました。

かっこいいですね。
3と比べてみても、すでに隔世の感があるように思います。
ただ、360のライトの処理が甘く、若干ずれてしまっているのが…。

360gtc2.jpg

いや〜GTカーって、ホントにいいモンですよね。


posted by Sandy Moon at 00:55| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

御利益ありそう?

今日出かけた都内のとある場所。

参議院選挙をにらんでの自○党の選挙事務所のようです。

sennkyo.jpg
出来て間もないようですが、よーく見ると・・・?


大当たりの名所!


もと宝くじ売り場だったんですかねぇ?
縁起がいいからなのか、チャンスセンター時代の名文句がはずされずに残っていたようです。


果たして!
posted by Sandy Moon at 20:13| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

気楽に…って事で。

Crystal Kayの曲をよく聴いたのは、もう一年以上前の話。
最近新譜が出ましたが、今回はその話ではありません。

去年(?)リリースされた『Call me Miss...』というアルバムをひょんなことから手に入りまして。
実はこのアルバム、ケミストリーとコラボした『Two as One』とか、チョー好きな『恋におちたら』(この曲をはじめて聴いた次の日に、ソッコーシングル買いに行きました)とかが入っていて、けっこーお得な一枚。

でも、今日紹介するのは『Kirakuni』という曲です。



最初PVを見たときは、『なんとも不思議な…』とか、あと『なんだかモー○ィアスを思い出すな』ぐらいだったんですが、改めて聴いて見るとすごくはまりました。
いまさらですが、お勧めな一曲です。


話は変わりますが、Youtubeが日本語版になりましたね。
でも規制強化で、こういったログの作成はもうすぐ出来なくなってしまうんですよね〜。

でも、いっつも思うんですが、音楽業界も規制するんならPVを販売してくださいよ。
DVDでクリップ集出してくれたら(好きなのは)買いますよ。
でもクリップ集って、いつでも手に入るわけじゃないじゃないですか。
そんなときのYoutubeはものすごい重宝してたのに。

しかも、これって考えたら無料で広告してるのと同じなんですよ〜?
複製できないようにするとかして、何とかしてもらえないモンですかね。
もしくはクリップ集を販売してくださいよ〜。

posted by Sandy Moon at 22:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敗軍の将、多くを語る…。(京商フェラーリ4トレード募集)

今回は、完全に京商にやられました…。

今日は早起きして、横浜北部のサンクス・サークルKを回りました。
結構抜かれていたけど、手付かずのところもいくつかあったために、量はそこそこ買えました。


が。

み ご と に 撃 沈。

今回最大の敗因は、ライセンスコードの解読がほぼ不可能だった事。
そして、鉄板と思えた配置表にかなりのずれがあったこと。

見事にしてやられました…。


どの配置表と見比べても、あるはずの無いところにあるはずの無い車種が配置されていて、散々な結果となりました。

今回の希望車種が、オール赤の『FXX』『F40コンペ』『360GTC』『599フィオラノ』『F430チャレンジ』でした。

今朝のゲット分を含めて、今日までに確保できたのが、
●FXX赤
●FXX黄色
●330P4無地
●DINO246黒
●F430黒
●360GTC赤
●512TR青×2
●512TR赤

…惨敗。
FXX赤と360GTC赤以外は、全部希望外。

【6/20 17:00追加】
あまりに悔しかったので、あと二個だけ追加。
『FXX赤』と『599GTB青』をゲット。
欲しいものと違ったので、トレードかキープかヤフオクかを考え中。
今回も箱から出てはいたものの、そのまま出して並べた感じ。
重さでの判別でしたが、FXXと599青が並んでいました。
でも、どこにもそんなアソート報告上がってないんですよね〜。


まだ購入自体は出来そうですが、資金が持ちません。
万全の体制で、¥2000台ですむはずだったのに…。


だめもとで聞かせて頂きます。
どなたかトレードしていただける方、いらっしゃいませんか?

おかげさまをもちまして、希望品が揃いました。
ただ、トレード板は残しますので、気になる商品があったらお知らせください。

当方希望品
いづれも京商フェラーリ4
F40コンペ・赤(終了)
599GTB・赤(終了)
F430CS・赤(終了)
の三点になります。

当方出品可能品
京商フェラーリ4
●DINOGTS・黒
●F430黒
●599紺メタ
●(FXX赤)

京商フェラーリ3
●各種応相談です。(未開封が1BOX分あるため)
ただし無いものもあるかと思うので、ご指定いただければ確認いたします。

京商ランボルギーニ2
●カウンタックLP500S・青
●LM002赤・黒
●エスパーダ赤
●シルエット・橙

京商ランボルギーニ1
●ムルシエラゴ黄緑

京商ポルシェ2
●911GT3 RS赤・青
●ボクスター黒
●944S2銀

京商BMW
●X5紺

京商ブリティッシュカー
●ジャガーEタイプ水色
●ロータスエリーゼ黄

コナミ絶版名車コレクションBEST
●日野コンテッサ・クリーム
●スバル360・水色
●ホンダZ GS・黒
●トヨタ2000GT・赤
●ホンダ N360・赤
●マツダコスモAP・茶

CM’sラリーカーコレクション
SS2・三菱編
●ギャランVR−4
●エボ1
●エボ4
●エボ5
●エボ7WRC

ダイドーデミタスコーヒー・フェラーリ
●275GTB(未開封)
●250GT Lusso(未開封)
●288GTO(未開封)
●166MM(未開封)
↑これらは一応貴重品のようなので、レートは高めになります。

…ひとまずこのくらいですかね。【6/2018:00追加】
基本的に1:1が希望ですが、物が物だけに複数でもご相談ください。

ただこのブログはあんまり知名度が高くないので、見る方はあんまりいらっしゃらないんじゃ無いかとも思います。

ご連絡先は、プロフィールにあります。
同時にコメント欄にもご連絡いただけると助かります。

上記の商品は基本的にトレード希望ですが、希望商品以外のトレードや販売の希望があればお問い合わせください。


それでは気長に待ってみます。
どぞ、よろしく。

続きを読む
posted by Sandy Moon at 09:15| ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | ミニカートレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

チャットモンチー『とび魚のバタフライ/世界が終わる前に』

tobiuo.jpg
チャットモンチーの新曲、『とび魚のバタフライ/世界が終わる前に』が発売になりました。


何日か前のブログでもYoutubeで紹介したあれです。

今回は三曲入りですが、#1・#2がタイトルチューン。
三曲目がカップリングとなるんでしょうかね。

『とび魚のバタフライ』は、バリバリの夏ソングで、最高です。
作詞はベースの福岡晃子、作曲はいつものように橋本絵莉子。
ちなみに二曲目も同じです。
詩も曲もモンのすごい爽快感にあふれた一曲で、多分私の中では過去最高の一曲です。
気になる方は是非過去ログの動画をチェックしてください。
シャングリラのスマッシュヒットで一気に世に出たチャットモンチーですが、この曲はそれを上回るチャッチーな一曲。
聞きやすさも過去最高、絶対にお勧めです。

『世界が終わる前に』は、力強いスローロック。
いい意味で、「これぞチャットモンチー」という感じかな?
『私が神様だったら、こんな世界は作らなかった。愛という名のお守りは、結局空っぽだったんだ』
なんて切ない歌詞がヘビーな音に乗って、これまた切ないボーカルで歌われるからたまらない。両A面にしたのはうなずけます。
ちなみにこの曲は、映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の主題歌になってます。

そして、ものすごい落ち着いたカップリングの『風』。
作詞・作曲はボーカルの橋本絵莉子。
前作の『春夏秋』のように絵画的で情景感に富んだ詩と、ともするとプロトタイプを思わせるようなしんぷるな曲が、強烈な個性を発する前二曲と対照的。
なんとなく矢井田瞳の曲のイメージに似ています。
はっきりといってるわけではないですが、遠まわしに失恋ソングだったりするんで奥ゆかしい。


とにかくお勧めの一枚ですよ。

チャットモンチー『とび魚のバタフライ/世界が終わる前に』

01.とび魚のバタフライ
02.世界が終わる前に
03.風

初回限定版は特殊印刷ジャケットとピクチャーレーベル仕様。
posted by Sandy Moon at 23:16| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京商フェラーリは明日が決戦日!

いやー、さすがにミニカーブログもヤフオクも真っ赤っ赤ですね。
今日は『サークルKサンクス限定・京商フェラーリ4』の発売日。

でも横浜は残念な事に水曜日発売なんですよね〜。
雑貨は水曜入荷なんだそうです。
まあ、私は箱買い出来るほどのお大臣ではないので、皆さんの配列情報やナンバー解析を見てからチャレンジできる為、いいっちゃいいんですが。
でも、やっぱ見てしまうとね〜。
しかも競争激しそうだから、ミスしたらと思うと…。

まあなんでもそうなんですが、転売目的の購入ってどうなんですかね?
普通にフルセットとか販売されてるし…。
ダブりの交換や販売は問題ないと思うけど…。


続きを読む
posted by Sandy Moon at 21:33| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

コンサントラシオン・1993

コンサントラシオン…ラリー・モンテカルロの伝統のスタート方法で、ヨーロッパの各都市から『再び集まる』という意味です。
WRCイベントのフォーマット化により、1995年を最後に廃止されてしまいました。

19931.jpg

これらは1993年にWRCに参戦していた各ワークスマシンです。
実際のところ、インプレッサは1993年の1000湖ラリーでの登場なのでモンテカルロには登場していませんが、コンサントラシオンというか、リグループをイメージして集めてみました。

仲良くさせていただいているジャンクコレクター日記さんのブログでやってる記事を見て、うちでもやってみたくなりました。

19932.jpg19933.jpg

実際にはランサーとインプレッサとエスコートは1994年モデルですが、まあ最近の年次改良のような大幅なモデファイが無いのでいいでしょう。
トヨタ・セリカ、ランチア・デルタ、フォード・エスコート、スバル・レガシィ・インプレッサ、ミツビシ・ランサーエボリューション…。
今と違って、こいつらはほとんどこのままの姿で、ディーラーで販売されてタンですよねぇ…。いい時代だ。

CM’sのラリーカーコレクションも現在パート12。
かなりの種類が出たおかげでこういった関連した陳列も出来るわけで。

いい時代だなぁ。

posted by Sandy Moon at 20:45| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

守護神登場!

リリーフカーに乗って颯爽と登場!

yamori1.jpg

今にも『よっ』って言いそうなこのナイスな笑顔。

やもりです。
yamori2.jpg

ウチのマンションの壁にひっついていました。
早々頻繁に見れるものではなくなってしまいました。

でも、意外とかわいい顔してますよね。

実はこのヤモリ君を発見した日、宝くじが1万と3百円当たってました。

ありがたや〜。この調子でこれからもよろしく!
posted by Sandy Moon at 20:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怖いもの(の)みたさ

pepsicucum.jpg

これ、ペプシコーラの種類なんですが…。
緑ですね。

これは『ペプシコーラ・アイスキューカンバー』といいます。
キューカンバーです。
アクセントは『キュー』につきます。

で、キューカンバーってなんだっけ?ですよね。
はい。胡瓜です。き・ゅ・う・り。

きゅうりフレーバーのペプシコーラが出たんです。
正気じゃありません。
まあ、試した自分も正気じゃないですが。


気になるお味ですが…。





ほぼ、メロンソーダ。
あれか、きゅうりに蜂蜜かけるとメロンみた〜い!っていう、あれか。

でも、鼻に抜ける薫りが微妙に『うり』っぽい。

そして、飲んだあとのゲップが一番瓜っぽい感じ。


ちなみに本当にきゅうりが入ってるのか成分表を見たけど、入ってないみたい。

で、うまいかどうかだけど、好んで選ぶ理由はどこにもない感じ。
コカコーラ・ゼロの方がいいや。


だれかペプシコーラとコカコーラの味の違いをうまく言葉にできる人いますか?
posted by Sandy Moon at 19:29| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

試乗しました、S−GT。

gh8s-gt.JPG
と、言うわけで。
新しくなった『インプレッサ・S−GT』に試乗に行きました。

今現在、ちょっと前のインプレッサWRXに乗っているので、このS−GTというグレードが一番近いわけです。
どこがどんだけ違うのか、非常にわくわくしていってきました。

ところが。

私、実はATが苦手。
今乗っているのもその前もその前も、ずーっとマニュアル。
なんで、試乗車もマニュアル希望。
それに自動変速のATじゃ分からない事も多いし。

いつもお世話になってるところに聞いたら、なんとオールAT!
う〜ん、ATはなぁ…とおもって、家のそばのスバルへ直撃してみました。
この辺では結構大きい所で、ここなら…と思っていってみると、お店入り口のそばにWRブルーマイカのS−GTが!

実物見ると、やっぱり雰囲気違いますね。
角度によっては非常にかっこよく見えます。ただ、おんなじように角度によっては…。
リアにはディフューザーが付き、ヨーロッパ風のリアガーニッシュとかかなりおしゃれな感じ。
ボンネットのインテークは、思ったよりはおとなしい感じです。
今回よりボディーサイズは全グレード3ナンバー。
以前は5ナンバーボディにブリスターフェンダーで3ナンバー車格にしてたんですが、今回は最初から3ナンバーなんでサイドの張り出し感はあんまりないですね。
で、キャビンの部分の幅が若干狭いので、正面から見ると跳び箱みたいなシルエットです。
5ドアボディは全長が短くなったものの、ホイルベースはかなり延長。
横から見ると、かなり伸びているのが分かります。
そのおかげで室内、特に後席のスペースはかなり広くなってるそうです。
スバルの人に聞くと、現在あるすべての車種の中で、このインプレッサの後部座席が一番快適だそうです。
ついでに言うと、リアのサスペンションがダブルウィッシュボーンになった一番の理由は、カーゴルームの出っ張りを小さくしたかったためだそうです。ストラットは室内に出っ張りが出来ますからね。
ドアを見ると、インプレッサは今までかたくなにサッシュレスを採用していたんですが、今回は窓枠が付いています。
おしゃれですね、見た感じ。
15Sも展示してありましたが、妻夫木君のでっかいポスターのイメージと相まって、かなりおしゃれ。
今まではWRXありきで、そのボディを使っていたから15Sや20Sがかなり痛い出来でしたが、今回はどう考えても15Sや20Sありきで作ってます。


前置きがかなり長くなりましたが、じつはここにもMT無かったんです。
お店の人にMT無いですかね〜と聞いてみたら、ちょっと離れたお店ならありますという事で、連絡していただいて乗りに行ったのが写真の白いS−GTです。MTの試乗車はかなり貴重だそうですよ。

乗り込んでみると、運転席は意外とタイトな感じです。
今までのボディとたいして変わらない感じです。
ただ、シートの質感とシフトノブの位置が若干高くなっているおかげで、操作感はすこぶる良い感じです。
新型はキーレス等もオプションで付きますが、これはイグニッションキータイプ。
ポジション確認してキーをまわすと、各メーターの針がうにゅーんと一回振り切れます。
でエンジンが…と思ったらかからない!?
そう、クラッチ切るの忘れてました。最近の車はクラッチ切ってないとエンジンかからないんですよね。
私のはそのシステムカットしてあったんで、瞬間びびりました。

エンジン音は、驚くほど静かです。サッシュつきのドアとも相まって、室内の静粛性と機密性はかなり高いように思います。

気になるのはルームミラー。
5ドアのハッチ窓から覗く後方視界はかなり狭いです。
運転の得意じゃない方は、バックモニターがあったほうがいいでしょうね。
表から見るとガラス自体は小さくありませんが、中から見るとうちのりの所為で非常に見える範囲が狭いです。
サイドミラー等のスイッチパネルは、サイドブレーキの横にあったんですが、今回は右手エアコン噴出しの下あたりに集中してます。
で、サイドブレーキレバーのそばに『ECO』ボタンが付いてます。
押すとECOになります。コンソールに緑のECOがひかります。

クラッチを踏み込むと適度な踏力が必要ですが、そんなに疲れるほどではありません。
ただ、乗りなれない人や女性にはほんのちょっと重いかもしれませんが。
でもあれだけトルクのあるエンジンのクラッチがあの程度の重さというのは十分脅威です。
アクセルのレスポンスは非常に軽く、つなぐのもそんなに気を使いません。
低い回転からトルクがあるため、ちょっと踏めば即ミートして発進できます。
パワステもびっくりするぐらい軽いです。

動かし始めて気づくのは、びっくりするぐらいの乗り心地のよさ。
しっとりとした足回りに若干どっしりとした感のあるボディのおかげで、スポーツカーというより乗用車に乗っている感じです。
結構荒れた路面でも、気にならないやわらかさがあります。
今までかなり固めのサスが付いていたため、普段乗りは不快感すらありましたが、低速域でも十分快適。これで追い込んでいっても大丈夫なんだろうかというぐらいマイルドです。
居住空間や乗り心地は、トヨタ車に感じが似てますね。
なんでもパーツレベルでは、かなりトヨタとパーツを共有しているそうです。(今に始まったことではないそうですが)
キーレスエントリーシステムやエンジンスターターなんかは、ヴィッツと同じ見た目ですものね。

出力特性ですが、まあ当然試乗車なんで普通に走るだけですが、体感的にはターボカーに乗ってる感じがあまりしません。
ものすごいフラットトルクで、NAのエンジンと言われれば疑わないくらいです。
低くなったトルクピークの所為もあるかもしれませんが、ちょっと踏んだときのツキのよさなどまんまNA。
50キロ道路でぽんぽん4速まで入ります。交差点も2速で十分。
気づいたらスピードが出ちゃってたみたいな感じですね。
出来ればもう少しだけでも踏んでみたかったですが。
RGOの大田さんも『本当に早いエンジンはフラットなトルクを持っている』といっていたから、きっとすごいポテンシャル持ってますよ。


わずか5分強の試乗でしたが、乗れば分かる違いがあります。
今までのスバルのイメージで乗れば、その違いにびっくりするでしょう。

ただ、今までのスバリストと呼ばれる人たちの心をつかめるかは微妙。
また、今までのスバルのイメージを持ってる人たちが、これに乗りに来るかも微妙。
妻夫木君効果で、どこまで女性と若者のファンを増やせるか。
正にスバルの社運をかけた一台と言えるでしょう。

今まで興味の無かった人にこそ乗ってもらいたい一台だと思います。

今度は15Sにものってみます。


皆さんもお暇なときは、是非お近くの神奈川スバルへ!

ラベル:インプレッサ
posted by Sandy Moon at 17:58| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

Maisto フェラーリ599

前にも紹介したんですが、Maistoから組み立て式のミニカーがリリースされてます。
サイズは1/24で、いわゆるタミヤのプラモデルサイズですか。
このぐらい大きいと、いろんな所が開くし、結構精密なモデルになるんで、普段は3インチオンリーですが、このシリーズは買ってます。

そのシリーズに、久々に新キャストが出ました。

maisto5991.jpg
フェラーリ599GTB フィオラノです。

メタブルーとメタワインの二色展開でしたので、メタワインを。
出来れば今まで同様朱色が欲しかったんですがね。

maisto5992.jpgmaisto5993.jpgmaisto5994.jpg
パッケージも一新されてましたが、内容はぜんぜん変わらず、いつものようにメッキ版と通常版のホイール付き。
だけど値段が…。

今まで1300円くらいだったのが、いまや2000円!
ユーロ高とはいえ、ちょっと値段が上がりすぎなんじゃないですか?
しかも、どちらかといえば、以前よりも出来が今ひとつ…。

ライトの部分なんて、F430は非常に良く出来ていたのに、今回はのっぺらボー。
なんだかわけの分からない、説明書にすら載っていないゴムパーツまで入っているし、???だらけです。

値段アップ分の改良は欲しいところですが、これじゃあ詐欺ですよ。

値段が元のままなら、まあ良い出来なんですけどね。



posted by Sandy Moon at 20:49| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テリヤキ戦争勃発ですか。

megateri.jpg
今日からバーガーキングが再上陸だそうですね。
最大の売りは特大のワッパーで、”日本限定”のテリヤキワッパーは目玉商品だという。

前回の出店時、バーガーキングに引導を渡した王者マクドナルドは、発売日をぶつけるように、本日より”メガてりやき”で対抗する。

どちらも超特大のテリヤキバーガー、仁義無き戦いが…


なんて、そんな対したもんじゃないわな。
どんなにがんばったところで『ファストフード』です。
並んでまで食いたいとは思いません。


ラーメンにしても牛丼にしてもハンバーガーにしても、そんなにしてまで食いたいですかね?
選択肢の一つというだけで、混んでたら絶対回避します。

ファストフードなんて、安くて簡単に食えるからいいんじゃないですか。

posted by Sandy Moon at 19:03| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。