2007年01月16日

木村カエラ『Snowdome』

snowdome.jpg
木村カエラのニューシングル、『Snowdome』が出ました。

シングル曲は結構CMに使われているのが多いのですが、今回のSnowdomeは『JR SKISKI』のキャンペーンソングなんで、ボーダフォンのときの『リルラリルハ』ぐらいよく耳にしたんじゃないかと。
あのCMは本人も出演していて、かなり好きです。
ちなみに、しつこいようですが『リルラリルハ』の時は大嫌いでした。

今回、Snowdomeの作曲を担当したのはドットお面で有名な『BEAT CRUSADERS』のヒダカトオル。非常にしっとりとした、ミディアムな曲に仕上がってます。
最初は、リムショットのコツコツ感とギターのリヴァーブ感が非常に印象に残ります。
一回目のサビで速めのビートを刻んだかと思えば、二回目のAメロではスネアの軽快なテンポが心地よい。
間奏前に他の部分に無いメロディを展開し、ラス前からいったんアコギの伴奏のみでボーカルを際立たせたしっとり感を出し、ラスサビでは打ち込み系のリズムとウワァァンとリヴァーブするギターでためていき、エンディングに向かうと言うコークボトルのような王道スタイル。音が豪華で、しかも凝っているのですげーかっこいい。
切ない系の綺麗な歌詞と相まって、ボーカルの声質を最大限に引き出したパーフェクトな曲といっても過言ではありません。はっきり言っておしゃれです。
『BEAT』や『TREE CLIMBERS』のような曲があまり得意でない私にはストライクな楽曲です。

C/W…というか、両A面(古い?)の二曲目は『Ground Control』は『東芝 GIGABEAT』のCM曲として使われています。
そういえばCMで使われるときはほぼ、本人出てますね。
キットカットとモード学園くらいかな?出てないの。
こちらはUKのPOPバンド『farrah』のJez Ashurstが作曲を担当しています。
一曲目よりも疾走感の強い、元気な感じの曲に仕上がってます。
終始なってるインベーダーみたいな、ちょっと古い感じのシンセが良い感じです。シンプルかと思いきや、こちらも手の込んだ作りになってます。
歌詞が英語で、作曲がJez・ハーフのカエラが歌うのに、洋楽っぽく聞こえないのはご愛嬌ですが、そういった香りは非常に良く感じます。
和訳した歌詞も見ましたが、抽象的でハッキリ意味のわからないところなんてもう”そのもの”です。w

総じてこのシングルは非常に良いです。
ジャケットのセンスも”いかにも”って感じで、あいかわらずです。
構図もいいんですが、色のセンスも良いですよね、この人は。
というわけで、マジで良いです。強烈にお勧めしますが、2/7に両方とも入った3rd ALBUM『Scratch』が出ますし、初回版にはPVやLive映像の入ったDVDが付きますので、本命はこっちでしょうね。

ちなみにこのシングルにもLiveDVDが付きますが、こちらは…。

木村カエラ『Snowdome』
【CD】
01.Snowdome
02.Ground Control
03.Snowdome(インスト)
04.Ground Control(インスト)
【DVD】
01.TREE CRIMBERS
02.ROCK ON
木村カエラLIVE TOUR 2006 秋
〜PARLOR KIMURA DE BOB TOUR〜より収録




posted by Sandy Moon at 17:23| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31513464

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。