2007年03月14日

理想のリベンジ

aibou.jpg
今日でテレビ朝日のドラマ『相棒』のシーズン5が終わりました。
面白かったですよ、今回

このドラマ、水谷豊扮する『杉下右京』と寺脇康文扮する『亀山薫』の両刑事が織り成す刑事ドラマなんですが、銃撃戦などはほとんど無く、非常にスマートな謎解きが面白い作品です。

特に杉下右京の推理は、正にシャーロック・ホームズのようで、あふれる知識と冷静な判断力、そして慇懃無礼な態度と英国紳士の物腰と、非常に魅力的な人物なのです。

で、なぜこのログにこんな題名をつけたかというと。

この人の張り巡らす『策』が、非常にスマートなんです。
相手の一歩も二歩も先を読み、どんな不利な状況でも最終的に相手は『やられたっ!』ことに気づくわけです。

そう、私の理想なんですよ。
何か腹立たしいことや嫌なことがあったときに、直情的に暴力に訴えたり、泣き寝入りしてしまうんで無く、あくまでスマートに、相手が『あ、やられたっ!』って、思わず苦笑いしてしまうようなリベンジの仕方が一番の理想なんです。
で、自分も相手のその様を見て『ニヤリ』として去っていくわけですよ。
う〜ん、かっこいい…。

まあ、それには『カミソリ右京』のような鋭く切れる頭脳が必要なんで、難しいですがね。

当然!亀山薫あっての特命係。二人そろってるから面白いんですよ。
そしてこの二人だけでなく、登場人物の個性が非常に際立っていて、トリオ・デ・捜一や両奥さん、隣の課長や官房長、そしてなんと言っても鑑識の米沢さん!この人はやばい!

次のシーズンが今から楽しみです。
ラベル:相棒 
posted by Sandy Moon at 22:43| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
理詰めで深い洞察力の右京。そんな右京とは違い、突発的な思いつきをする亀山。
全く持って違うタイプの人間がコンビを組む。
亀が発した言葉に反応を示す右京。亀は自分が発した言葉に事件解明の秘密があることに気付いていない。

ここまでのシリーズになるとはテレ朝も思っていなかったでしょう。
それにしても水谷豊という男は凄いです。どんな役もこなし、視聴率は必ず獲る。
これだけ長期間に渡って主役を演じ、視聴率を獲れる俳優はいないでしょう。
次のシリーズやスペシャルが楽しみです。
Posted by ひとり at 2007年03月14日 23:33
おお!ひとりさんもお好きでしたか!

私も熱中時代や刑事貴族、探偵左文字等かなり色々みてますが、そのなかでもやはりとりわけ杉下右京はハマリ役だと思います。
思えば、寺脇康文とは刑事貴族以来のコンビ。憧れの水谷豊とのコンビはたまらないでしょうね。
Posted by Sandy Moon at 2007年03月14日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

名探偵ポワロ 完全版 DVD-BOX 1
Excerpt: 以前BOX1〜BOX3を買ってから、ずうっと続編を待ち望んでましたお、単品が出た、じゃあBOX化されるのを待とうっと・・・あれ?新しいBOXが出てる!?がーん、まさか続きからのBOX4は出ないのか?(..
Weblog: 刑事ドラマのレス
Tracked: 2008-02-12 09:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。