2007年06月09日

試乗しました、S−GT。

gh8s-gt.JPG
と、言うわけで。
新しくなった『インプレッサ・S−GT』に試乗に行きました。

今現在、ちょっと前のインプレッサWRXに乗っているので、このS−GTというグレードが一番近いわけです。
どこがどんだけ違うのか、非常にわくわくしていってきました。

ところが。

私、実はATが苦手。
今乗っているのもその前もその前も、ずーっとマニュアル。
なんで、試乗車もマニュアル希望。
それに自動変速のATじゃ分からない事も多いし。

いつもお世話になってるところに聞いたら、なんとオールAT!
う〜ん、ATはなぁ…とおもって、家のそばのスバルへ直撃してみました。
この辺では結構大きい所で、ここなら…と思っていってみると、お店入り口のそばにWRブルーマイカのS−GTが!

実物見ると、やっぱり雰囲気違いますね。
角度によっては非常にかっこよく見えます。ただ、おんなじように角度によっては…。
リアにはディフューザーが付き、ヨーロッパ風のリアガーニッシュとかかなりおしゃれな感じ。
ボンネットのインテークは、思ったよりはおとなしい感じです。
今回よりボディーサイズは全グレード3ナンバー。
以前は5ナンバーボディにブリスターフェンダーで3ナンバー車格にしてたんですが、今回は最初から3ナンバーなんでサイドの張り出し感はあんまりないですね。
で、キャビンの部分の幅が若干狭いので、正面から見ると跳び箱みたいなシルエットです。
5ドアボディは全長が短くなったものの、ホイルベースはかなり延長。
横から見ると、かなり伸びているのが分かります。
そのおかげで室内、特に後席のスペースはかなり広くなってるそうです。
スバルの人に聞くと、現在あるすべての車種の中で、このインプレッサの後部座席が一番快適だそうです。
ついでに言うと、リアのサスペンションがダブルウィッシュボーンになった一番の理由は、カーゴルームの出っ張りを小さくしたかったためだそうです。ストラットは室内に出っ張りが出来ますからね。
ドアを見ると、インプレッサは今までかたくなにサッシュレスを採用していたんですが、今回は窓枠が付いています。
おしゃれですね、見た感じ。
15Sも展示してありましたが、妻夫木君のでっかいポスターのイメージと相まって、かなりおしゃれ。
今まではWRXありきで、そのボディを使っていたから15Sや20Sがかなり痛い出来でしたが、今回はどう考えても15Sや20Sありきで作ってます。


前置きがかなり長くなりましたが、じつはここにもMT無かったんです。
お店の人にMT無いですかね〜と聞いてみたら、ちょっと離れたお店ならありますという事で、連絡していただいて乗りに行ったのが写真の白いS−GTです。MTの試乗車はかなり貴重だそうですよ。

乗り込んでみると、運転席は意外とタイトな感じです。
今までのボディとたいして変わらない感じです。
ただ、シートの質感とシフトノブの位置が若干高くなっているおかげで、操作感はすこぶる良い感じです。
新型はキーレス等もオプションで付きますが、これはイグニッションキータイプ。
ポジション確認してキーをまわすと、各メーターの針がうにゅーんと一回振り切れます。
でエンジンが…と思ったらかからない!?
そう、クラッチ切るの忘れてました。最近の車はクラッチ切ってないとエンジンかからないんですよね。
私のはそのシステムカットしてあったんで、瞬間びびりました。

エンジン音は、驚くほど静かです。サッシュつきのドアとも相まって、室内の静粛性と機密性はかなり高いように思います。

気になるのはルームミラー。
5ドアのハッチ窓から覗く後方視界はかなり狭いです。
運転の得意じゃない方は、バックモニターがあったほうがいいでしょうね。
表から見るとガラス自体は小さくありませんが、中から見るとうちのりの所為で非常に見える範囲が狭いです。
サイドミラー等のスイッチパネルは、サイドブレーキの横にあったんですが、今回は右手エアコン噴出しの下あたりに集中してます。
で、サイドブレーキレバーのそばに『ECO』ボタンが付いてます。
押すとECOになります。コンソールに緑のECOがひかります。

クラッチを踏み込むと適度な踏力が必要ですが、そんなに疲れるほどではありません。
ただ、乗りなれない人や女性にはほんのちょっと重いかもしれませんが。
でもあれだけトルクのあるエンジンのクラッチがあの程度の重さというのは十分脅威です。
アクセルのレスポンスは非常に軽く、つなぐのもそんなに気を使いません。
低い回転からトルクがあるため、ちょっと踏めば即ミートして発進できます。
パワステもびっくりするぐらい軽いです。

動かし始めて気づくのは、びっくりするぐらいの乗り心地のよさ。
しっとりとした足回りに若干どっしりとした感のあるボディのおかげで、スポーツカーというより乗用車に乗っている感じです。
結構荒れた路面でも、気にならないやわらかさがあります。
今までかなり固めのサスが付いていたため、普段乗りは不快感すらありましたが、低速域でも十分快適。これで追い込んでいっても大丈夫なんだろうかというぐらいマイルドです。
居住空間や乗り心地は、トヨタ車に感じが似てますね。
なんでもパーツレベルでは、かなりトヨタとパーツを共有しているそうです。(今に始まったことではないそうですが)
キーレスエントリーシステムやエンジンスターターなんかは、ヴィッツと同じ見た目ですものね。

出力特性ですが、まあ当然試乗車なんで普通に走るだけですが、体感的にはターボカーに乗ってる感じがあまりしません。
ものすごいフラットトルクで、NAのエンジンと言われれば疑わないくらいです。
低くなったトルクピークの所為もあるかもしれませんが、ちょっと踏んだときのツキのよさなどまんまNA。
50キロ道路でぽんぽん4速まで入ります。交差点も2速で十分。
気づいたらスピードが出ちゃってたみたいな感じですね。
出来ればもう少しだけでも踏んでみたかったですが。
RGOの大田さんも『本当に早いエンジンはフラットなトルクを持っている』といっていたから、きっとすごいポテンシャル持ってますよ。


わずか5分強の試乗でしたが、乗れば分かる違いがあります。
今までのスバルのイメージで乗れば、その違いにびっくりするでしょう。

ただ、今までのスバリストと呼ばれる人たちの心をつかめるかは微妙。
また、今までのスバルのイメージを持ってる人たちが、これに乗りに来るかも微妙。
妻夫木君効果で、どこまで女性と若者のファンを増やせるか。
正にスバルの社運をかけた一台と言えるでしょう。

今まで興味の無かった人にこそ乗ってもらいたい一台だと思います。

今度は15Sにものってみます。


皆さんもお暇なときは、是非お近くの神奈川スバルへ!

posted by Sandy Moon at 17:58| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さっそく試乗してきましたか! 羨ましい! 
しかもS-GTのMTとは・・・。
インプレッサというとボンネットのエア穴が目立っていたので、15Sや20Sのようなボンネットだと逆に違和感ある気がしますね。15Sも20SもS-GTみたいなボンネットにすれば良かったのに、と思います。無理か(笑)
新インプに対してそんなに不満のない自分ですが、唯一ATが4ATなのはどうかと思います。5ATでも少ないくらいなのに・・・。
Posted by とかり at 2007年06月11日 20:32
ボンネットはインタークーラー用なんで、NAの15Sや20Sは不必要ですね。むしろ今回は不自然な付き方してるから、NAありきな感じのデザインです。以前は逆でしたが。
ATはディーラーの人も言ってましたよ。でもトルクの強いエンジンだし、6ATを楽しみたいスバリストはSTI6MTを買うでしょうね。
たぶん今回のコンセプトには『不必要』な装備なんでしょう。
CVTじゃないだけましですよ。
実際ドメスティックカーの中排気量車なら4ATかCVTが実用的でしょうね。
Posted by Sandy moon at 2007年06月11日 21:45
ルームミラーは気になりますか?
ひとりはトラックも乗っていたので全く気になりません。
それにしてもMTにこだわりますね。今のATは随分と改善されているので、ATの方が楽しめると思うけど......
渋滞している時にMTに乗ったらイライラしてしまいます。

>そう、クラッチ切るの忘れてました。最近の車はクラッチ切ってないとエンジンかからないんですよね。
私のはそのシステムカットしてあったんで、瞬間びびりました。

笑われてしまいますよ。最近どころか10年近くなるのでは?
ひとりが失敗したのはサイドブレーキ。セルシオに乗った時、サイドブレーキの解除を忘れて走ったことがあります。
社長の車でしたが、メッチャ重いなぁって思っていたら、途中で「そうだ、サイドブレーキはパネルの下のフック」って思い出して解除しました(笑

MTではバックギアに入れるのが、トヨタがリフト、三菱がプッシュなんて時代がありました。
人の車に乗る時は要注意ですね。トラックもバックギアの位置がマチマチでした。
やはり統一すべきですね。

Posted by ひとり at 2007年06月13日 17:20
う〜ん、ATってなんか退屈なんですよねぇ…。操ってる感が乏しくて。
渋滞は確かにきついですけどね。
最近のATは、へたなドライバーより変速速くてうまいから、AT速いんですよねぇ。

ルームミラーはバックの時にはあまり使いませんね。
走行中の後方チェックはルームです。高速のおまわりさんチェックもルームです。セダンになれると、ハッチバックの窓の小ささに戸惑ってしまいます。

前のセリカは元年型くらいだったし、今のインプレッサは前オーナーのご好意?でカットしてあったから、クラッチ踏みスタートは慣れません。癖もありますし。

サイドは私もやりました…。

バックの位置は外車とかでも違いますね。
6MTのバックも特殊ですよ。
Posted by Sandy moon at 2007年06月13日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44333449

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。