2007年06月14日

コンサントラシオン・1993

コンサントラシオン…ラリー・モンテカルロの伝統のスタート方法で、ヨーロッパの各都市から『再び集まる』という意味です。
WRCイベントのフォーマット化により、1995年を最後に廃止されてしまいました。

19931.jpg

これらは1993年にWRCに参戦していた各ワークスマシンです。
実際のところ、インプレッサは1993年の1000湖ラリーでの登場なのでモンテカルロには登場していませんが、コンサントラシオンというか、リグループをイメージして集めてみました。

仲良くさせていただいているジャンクコレクター日記さんのブログでやってる記事を見て、うちでもやってみたくなりました。

19932.jpg19933.jpg

実際にはランサーとインプレッサとエスコートは1994年モデルですが、まあ最近の年次改良のような大幅なモデファイが無いのでいいでしょう。
トヨタ・セリカ、ランチア・デルタ、フォード・エスコート、スバル・レガシィ・インプレッサ、ミツビシ・ランサーエボリューション…。
今と違って、こいつらはほとんどこのままの姿で、ディーラーで販売されてタンですよねぇ…。いい時代だ。

CM’sのラリーカーコレクションも現在パート12。
かなりの種類が出たおかげでこういった関連した陳列も出来るわけで。

いい時代だなぁ。

posted by Sandy Moon at 20:45| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Sandy こんばんは・・・
おおお・・・・コンサントラシオン…
「無くなったのはつい最近」と思い込んでましたが、
95年とは(@@・・・96年以降、あんまり真面目にWRCを
観ていなかったので、初耳です(遅いっつうの^^)
「1993年マシンで再現」・・・こういう「テーマ別」っていいですね・・・
ディーラーで売ってるグループAカーって、ほんとに身近でいい時代でしたね。
いまのWRCは、なんかエントリ増やすためのレギュみたいで、どうも馴染めません。
また、グループA規定に戻ればいいのに・・・
Posted by junk_collector at 2007年06月14日 22:46
グループAに戻したら、今ならきっとスバルと三菱以外撤退ですね。
グループNかよっ!てことになりそう。

台座を外すんで、1/64ならどこのメーカーでもいいんですが、ここ以上に気合いの入ったメーカーがないのが辛いです。
自分で作れるようになりたいんですが…。
Posted by Sandy moon at 2007年06月14日 23:12
こんばんわ。
こうして並べてみると、1台1台のときとは違ったかっこよさがありますね。
このころはまだインプレッサのウィングが大人しかったですね。今は日本車の中で一番ハデなくらいなのに(笑)
Posted by とかり at 2007年06月15日 00:25
セリカのスポイラーが大型化したのも205からでしたね。グループBと違い、空力パーツがレギュレーションで市販車と変えられなかったから。
205も、最初は『WRC』仕様というスペシャルバージョンにしかついてなかったですもんね。
頑張っても80キロ制限の国内では、大型リアスポイラーの恩恵は少ないんですよ。
Posted by Sandy moon at 2007年06月15日 09:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44843952

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。