2007年08月28日

宇多田ヒカル『Beautiful World/Kiss & Cry』

File0003.jpg
宇多田ヒカルの新曲、『Beautiful World/Kiss & cry』が発売になりました。
『Beautiful World』は『エヴァンゲリヲン新劇場版:序』のテーマソング、『Kiss & Cry』は『日清カップヌードル』のCFソングです。
正直なとこ、新鮮味はありませんわな。


実は私事ですが、実は買っちゃったんですよ、あれ。
File0004.jpg
はい、ウォーズマン。
いえ、ウォークマン。
がんばってるな〜おれ記念のご褒美に。
おかげで通勤が今までより若干苦じゃなくなりました。
音楽って素敵ですよね、やっぱり。

で、当然宇多田ヒカルは、持ってる曲は全部入れてるわけで、なんだか懐かしいのとかも入ってるわけですよ。
で、そんなのを聞くと、非常に元気が出るわけで。
他のアーティストも入ってるんですけど、やっぱりこの人の曲がしっくり来るというか…、やっぱ大好きです。

『Beautiful World』という言葉は好きですね。
『美しい世界』って、大きく分けて、二つ意味があると思うんですよ。
世界が美しい→綺麗な景色とか雄大さとかの意味と、美しいものに満たされた空間。
地球という規模の世界と、もっと狭い世界の空間的観念。
この曲で強調されてるのは、後者のほうだと思う。
コレはコレとして、綺麗な景色を見たときに『生きててよかったな』と思えるような、美しい世界に関しての曲も聴きたいな。

『Kiss & Cry』って、あのスケートの結果待ちの場所の事ですよね?
『日清カップヌードル』のCM曲だけに、耳にする機会は非常に多かったんですが、CMに使われてる部分って、全体の曲調からするとちょっと違うんですよね。
全体的には、ちょっと乱暴というか、荒っぽいイメージのある曲で、サビの部分だけメロディ重視というか…、いろんな意味で交錯点という意味での『Kiss & Cry』なのかなと、ふと思いました。
歌詞に『日清カップヌードル』が連呼されていますが、そこの部分が綺麗に?韻を踏んでるんですよ。
カップヌードルありきの韻なのか、それとも…。

個人的にはC/W扱いの『Fly Me To The Moon 2007Mix』が非常に好きです。
『Wait & See』のC/Wで以前にもカバーしてましたが、私は今回のMixの方が格段に好きです。
ボーカリストとしても、好きな声です。
そして、この『言い換えると』という、なんと言うか情緒的な言い回しが非常に好きなのです。
だって、文学的じゃないですか。

話は変わりますが、最近びっくりするくらい更新頻度の増えた彼女のブログが『くだらなくって』本当に大好きです。
なんというか、やっぱ人生は楽しくなくっちゃ、だよね。
くだらなさを楽しむって、贅沢だよね。


beautifulworld.jpg
宇多田ヒカル『Beautiful World/Kiss & Cry』
01.Beautiful World
02.Kiss & Cry
03.Fly Me To The Moon(In Other Word)2007Mix
以下カラオケ。



posted by Sandy Moon at 23:39| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日のテレビで笑福亭鶴瓶が言っていました、女の子に「いつも観ています」と言われたけど誰か分からない。
確かに、見覚えのある顔だが.......
分かっていないのがバレたのか、本人から「宇多田ヒカル」ですと言われたそうです。
鶴瓶はてっきりモデルと思っていたというから呆れてしまいますね。
Posted by ひとり at 2007年08月30日 15:37
うはは。
でもあの人は普段、ものすごーく地味らしいですから、下手するとホントに分からないかもしれませんね。
Posted by Sandy moon at 2007年08月30日 20:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53079503

この記事へのトラックバック

宇多田ヒカル - Beautiful World/Kiss
Excerpt: 宇多田ヒカル - Beautiful World/Kiss Cry 【PVあり】
Weblog: 今日の音楽
Tracked: 2007-08-29 01:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。