2007年09月09日

チャットモンチー『橙』

daidai.jpg
チャットモンチーの新曲、『橙』が発売になってました。

以前のように簡単に前日GETが難しくなってきました…。

アニメ『BLEACH』のエンディングテーマという事で、初回版特典はでっかいブリーチシール。とくにいらね。


忙しくてゆっくり聞いてませんが、3曲ともいい感じですよ。
特に1曲目が切ない系でよさげ。

ゆっくり聞いてないので、通勤時間でヘビーローテーションさせて見ます。

チャットモンチー『橙』
01.『橙』
02.『コスモタウン』
03.『リアル』

posted by Sandy Moon at 11:12| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

宇多田ヒカル『Beautiful World/Kiss & Cry』

File0003.jpg
宇多田ヒカルの新曲、『Beautiful World/Kiss & cry』が発売になりました。
『Beautiful World』は『エヴァンゲリヲン新劇場版:序』のテーマソング、『Kiss & Cry』は『日清カップヌードル』のCFソングです。
正直なとこ、新鮮味はありませんわな。


実は私事ですが、実は買っちゃったんですよ、あれ。
File0004.jpg
はい、ウォーズマン。
いえ、ウォークマン。
がんばってるな〜おれ記念のご褒美に。
おかげで通勤が今までより若干苦じゃなくなりました。
音楽って素敵ですよね、やっぱり。

で、当然宇多田ヒカルは、持ってる曲は全部入れてるわけで、なんだか懐かしいのとかも入ってるわけですよ。
で、そんなのを聞くと、非常に元気が出るわけで。
他のアーティストも入ってるんですけど、やっぱりこの人の曲がしっくり来るというか…、やっぱ大好きです。

『Beautiful World』という言葉は好きですね。
『美しい世界』って、大きく分けて、二つ意味があると思うんですよ。
世界が美しい→綺麗な景色とか雄大さとかの意味と、美しいものに満たされた空間。
地球という規模の世界と、もっと狭い世界の空間的観念。
この曲で強調されてるのは、後者のほうだと思う。
コレはコレとして、綺麗な景色を見たときに『生きててよかったな』と思えるような、美しい世界に関しての曲も聴きたいな。

『Kiss & Cry』って、あのスケートの結果待ちの場所の事ですよね?
『日清カップヌードル』のCM曲だけに、耳にする機会は非常に多かったんですが、CMに使われてる部分って、全体の曲調からするとちょっと違うんですよね。
全体的には、ちょっと乱暴というか、荒っぽいイメージのある曲で、サビの部分だけメロディ重視というか…、いろんな意味で交錯点という意味での『Kiss & Cry』なのかなと、ふと思いました。
歌詞に『日清カップヌードル』が連呼されていますが、そこの部分が綺麗に?韻を踏んでるんですよ。
カップヌードルありきの韻なのか、それとも…。

個人的にはC/W扱いの『Fly Me To The Moon 2007Mix』が非常に好きです。
『Wait & See』のC/Wで以前にもカバーしてましたが、私は今回のMixの方が格段に好きです。
ボーカリストとしても、好きな声です。
そして、この『言い換えると』という、なんと言うか情緒的な言い回しが非常に好きなのです。
だって、文学的じゃないですか。

話は変わりますが、最近びっくりするくらい更新頻度の増えた彼女のブログが『くだらなくって』本当に大好きです。
なんというか、やっぱ人生は楽しくなくっちゃ、だよね。
くだらなさを楽しむって、贅沢だよね。


beautifulworld.jpg
宇多田ヒカル『Beautiful World/Kiss & Cry』
01.Beautiful World
02.Kiss & Cry
03.Fly Me To The Moon(In Other Word)2007Mix
以下カラオケ。



ラベル:宇多田ヒカル
posted by Sandy Moon at 23:39| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

ブログパーツ、いただきました





期間限定なんで、サイドバーじゃなくてブログ記事にぺたり。

しかし、いまさらエヴァンゲリオン映画って…。
どうも好きになれないんですよ、あれ。
posted by Sandy Moon at 23:45| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

木村カエラ『Samantha』

samantha.jpg
7月18日に、木村カエラのニューシングル『Samantha』が発売に…なってました!!

ああ、フライングゲットのサンちゃんともあろうものが、発売日すら気が付かなかったとは…。
というのも、私事ですが実は転職なんてものをいたしまして、生活のリズムが変わった事と、何気に忙しくて…。
私の音楽の情報源のSakusakuも見れなくなり、自宅PCを開く暇もあまり無いんです。(今日は”ほぼ”定時だったんで^^)
昨日の夜、携帯の着メロサイトで発売してるのを知ったんですが、カエラのバナーの上に出てるのがRIPって。狙いですか?w

まあ、いいわけはともかく。
きょうのお昼休みに、昼ごはんの時間を削ってそっこー買いに行きましたよ。宝くじと一緒に。w

以前は、大体発売日前にTVやYoutubeで新曲を聞いてしまっていたんですが、今回は全くのお初。
ジャケ写すら知らないぐらいで、発見するのに苦労しました。




『♪あ〜ダメダメなーんだー』
『♪あーこがれはSamantha』

PVをみれば一目瞭然ですが、Samanthaはなんと魔女だったのです。

”奥様は魔女”のサマンサか〜。そらあこがれるよな〜。
だんなのダーンリー?ダーリン?は、結構苦労してましたけどね。

ジャケ写がハード系だったんで、パンチの強い感じを予想してたんですが、どちらかというとPOPに近いかな?木村カエラ的懐かしさを感じます。
リズムがちょっと変則的で、ふつーにいきなり裏打ちになったりするんで、最初はバランス悪い感じがしたけど、まあこれはこれで。

PV引っ張ってきたけど、やっぱ絵付きのほうがいいなあ。

カップリングの『Honey B〜みつばちダンス〜』は、結構明るくて楽しい感じ。なんか夏の清涼飲料水のCM曲になりそうなかんじで、さわやかさもあります。
ちょっと昔のアイドルの歌みたいです。トミーあたりが狙って歌うライン。

総じて二曲ともライトな感じで聞きやすいかな?

ちなみに初回特典は、『あなたもカエラー TATOOシール』です。
ジャケ写の左腕に貼ってある刺青シールが一枚付いてきます。

あ〜、なんだか最近手抜きっぽいな〜、おれの記事。


木村カエラ『Samantha』

01.Samantha
02.Honey B 〜みつばちダンス〜
03.Samantha(Instrumental)
04.Honey B (Instrumental)

 

posted by Sandy Moon at 21:53| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

気楽に…って事で。

Crystal Kayの曲をよく聴いたのは、もう一年以上前の話。
最近新譜が出ましたが、今回はその話ではありません。

去年(?)リリースされた『Call me Miss...』というアルバムをひょんなことから手に入りまして。
実はこのアルバム、ケミストリーとコラボした『Two as One』とか、チョー好きな『恋におちたら』(この曲をはじめて聴いた次の日に、ソッコーシングル買いに行きました)とかが入っていて、けっこーお得な一枚。

でも、今日紹介するのは『Kirakuni』という曲です。



最初PVを見たときは、『なんとも不思議な…』とか、あと『なんだかモー○ィアスを思い出すな』ぐらいだったんですが、改めて聴いて見るとすごくはまりました。
いまさらですが、お勧めな一曲です。


話は変わりますが、Youtubeが日本語版になりましたね。
でも規制強化で、こういったログの作成はもうすぐ出来なくなってしまうんですよね〜。

でも、いっつも思うんですが、音楽業界も規制するんならPVを販売してくださいよ。
DVDでクリップ集出してくれたら(好きなのは)買いますよ。
でもクリップ集って、いつでも手に入るわけじゃないじゃないですか。
そんなときのYoutubeはものすごい重宝してたのに。

しかも、これって考えたら無料で広告してるのと同じなんですよ〜?
複製できないようにするとかして、何とかしてもらえないモンですかね。
もしくはクリップ集を販売してくださいよ〜。

posted by Sandy Moon at 22:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

チャットモンチー『とび魚のバタフライ/世界が終わる前に』

tobiuo.jpg
チャットモンチーの新曲、『とび魚のバタフライ/世界が終わる前に』が発売になりました。


何日か前のブログでもYoutubeで紹介したあれです。

今回は三曲入りですが、#1・#2がタイトルチューン。
三曲目がカップリングとなるんでしょうかね。

『とび魚のバタフライ』は、バリバリの夏ソングで、最高です。
作詞はベースの福岡晃子、作曲はいつものように橋本絵莉子。
ちなみに二曲目も同じです。
詩も曲もモンのすごい爽快感にあふれた一曲で、多分私の中では過去最高の一曲です。
気になる方は是非過去ログの動画をチェックしてください。
シャングリラのスマッシュヒットで一気に世に出たチャットモンチーですが、この曲はそれを上回るチャッチーな一曲。
聞きやすさも過去最高、絶対にお勧めです。

『世界が終わる前に』は、力強いスローロック。
いい意味で、「これぞチャットモンチー」という感じかな?
『私が神様だったら、こんな世界は作らなかった。愛という名のお守りは、結局空っぽだったんだ』
なんて切ない歌詞がヘビーな音に乗って、これまた切ないボーカルで歌われるからたまらない。両A面にしたのはうなずけます。
ちなみにこの曲は、映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の主題歌になってます。

そして、ものすごい落ち着いたカップリングの『風』。
作詞・作曲はボーカルの橋本絵莉子。
前作の『春夏秋』のように絵画的で情景感に富んだ詩と、ともするとプロトタイプを思わせるようなしんぷるな曲が、強烈な個性を発する前二曲と対照的。
なんとなく矢井田瞳の曲のイメージに似ています。
はっきりといってるわけではないですが、遠まわしに失恋ソングだったりするんで奥ゆかしい。


とにかくお勧めの一枚ですよ。

チャットモンチー『とび魚のバタフライ/世界が終わる前に』

01.とび魚のバタフライ
02.世界が終わる前に
03.風

初回限定版は特殊印刷ジャケットとピクチャーレーベル仕様。
posted by Sandy Moon at 23:16| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

発売が待ち遠しいです。

YOUTUBEサマサマですよね。ほんと。

今月20日に発売予定のチャットモンチーのPVがアップされてました。



とびうおのバタフライです。
超夏っぽいさわやかソングですが、歌詞を良く聴いてないのでさわやかかどうかは責任持ちません。

♪ぺけぺけぺけぺけぺけ

この人たちにはマンネリという言葉は無いんですかね?
毎回新しい、新鮮な驚きがあります。

今回は両A面仕様で、カップリングは映画の主題歌です。
とりあえずCD待ちです。

PV集をDVDで発売してくれないかなぁ〜。
posted by Sandy Moon at 17:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

Chatmonchy 『女子たちに明日はない』

chatmonchy-s.jpg
最近、その活躍が目覚しい『チャットモンチー』のニューシングル、『女子たちに明日はない』が発売になりました。

毎回、何かしら印象的なフレーズを楽曲に織り込む事で、ものすごく印象に残る曲をリリースしてきた彼女たちの曲らしく、今回も面白いつくりになっております。


毎回PVも凝っていて、だんだん芸達者になってきているから笑えます。
曲調がアップテンポなんですが、歌詞はなかなか…。
無論、女性のほうが「うんうん」となるんではないでしょうか。



今回のシングルもオリジナル曲が3曲入っていて、非常にボリューム感があります。
作曲はすべてボーカルでリーダーの橋本絵莉子が担当し、作詞はそれぞれ三人とも行っています。
今回は#1をベースの福岡晃子、#2を高橋久美子、#3を橋本絵莉子と、バランスよく(?)担当しています。

今回のシングルの中では、私は#2の『バスロマンス』が一番です。
むしろ、これがタイトルチューンでもいいんじゃないかと思います。
他の二曲が3分少々なのに対し、この曲は5分近いです。
ロッテ・ガーナミルクチョコレートのCM曲になっているそうですが、なんと言うか「らしく」ていいです。
歌詞も好感が持てますし。


三曲目はスローなバラードで、目に浮かぶような情景描写がすばらしい出来。春・夏・秋の彼との思い出を思い返し「あなたを忘れる時間がない」と。
なぜ冬がないのかはハッキリしませんが、その辺を想像させるのがなかなかにくい演出。
女性なら分かるんでしょうかねえ?


作り出す楽曲が「等身大の女性像」を感じさせる、純粋な歌詞とトリッキーな曲が感動を呼ぶ「チャットモンチー」。
間違いなくドカンと来ます。乗り遅れないように!


Chatmonchy 『女子たちに明日はない』

01.女子たちに明日はない
02.バスロマンス
03.春夏秋


♪チャットモンチー♪ ♪女子たちに明日はない♪ ♪バスロマンス♪ ♪春夏秋♪
posted by Sandy Moon at 20:05| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

踊りたい気分なんです。

「♪た〜らこ〜た〜らこ〜」でブレイクしてしまった冗談みたいなキグルミですが、今度はノーランズのダンシングシスター(I'm in the mood for dancing.)を日本語カバーで歌うそうです。

ノーランズのダンシングシスターってどんな曲だろう、と思ったら、超有名なあの曲なんですね。
今聴いても、すごくかっこいい曲なんですが、ようつべってたらすごいものを見つけました。


BBCで、ノーランズが日本語で歌ってます。
posted by Sandy Moon at 19:05| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

卒業ソングの新定番に。

三月と言えば、卒業シーズンですね。
テレビのCMも桜の花びらが舞い、卒業してゆく学生の姿が良く出てきます。

そんな中、リクルートの卒オメ.COMとか言うCMで、なんだか聞き覚えのある声が。

スローテンポに透き通るようにクリアなハイトーンボイス…。

あ、チャットモンチーだ!

そーだよ、どっかで聞いたことあると思ったんだよ。
この曲はchatmonchyhascome.jpgこのデビュー・ミニアルバム『Chatmonchy has come』に入っている『サラバ青春』と言う曲です。
これいいですよ。新しい卒業定番ソングとして、是非とも定着して欲しいですね。

前にもこのブログで紹介しましたが、このチャットモンチーはもっと評価されていいと思うんですよね。
最初に『ハナノユメ』を聴いたときにもうやられました。
この『ハナノユメ』にしても『シャングリラ』にしても、変則的なリズムの曲の印象が強くて、なじまない心地よさがあるんですよね。
ほんと、ある意味天才ですよ、この人たちは。

だからこの『サラバ青春』を含め、もっともっと売れて欲しいと切に願ってやまないわけです。

決して時代が求めている音ではないかもしれませんが、絶対「来る」人たちだと思います。
強烈にお勧めしますよ。



ちなみに現在リクルートの卒オメ携帯サイトでは、人数限定でこの曲の無料ダウンロードを実施しています。
気になる人はどうぞ!

http://www.sotsuome.com/


posted by Sandy Moon at 00:41| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

DVD『sakusaku Ver.3.0 新たなる望み』

sakusakudvdver3.0.jpg
sakusakuは、もう何度か紹介してますが、TVK(テレビ神奈川)という地方ローカル局の『超』人気番組です。
結構多くの地方でネット放送していて、ローカル番組としては『水曜どうでしょう』とタメ線じゃないでしょうか。
『水どう』から大泉洋が羽ばたいたように、『sakusaku』からはあの木村カエラが羽ばたきました。

今回のVer.3.0は、そんな木村カエラが『辞職』し、新しいMCとして、中村優が加わったところから始まります。
(ちなみに、屋根の上のゲストとして木村カエラもちょこっと登場しています。)

UHFとはいえ、神奈川の多くの地域で月〜金まで見れることから、その放送をまとめると膨大な時間になります。
だからDVDといっても『ダイジェスト版』なので、内容のそのほとんどが新しく取り直した『おまけ』の部分がほとんど。
毎日見ている人も、始めて見る映像が多いです。
(隠しコマンドでは、あの人の素顔がぎりぎり見えそうに…)





それだけに…





本当に面白いのは、実はVer.1.0のような気がします。





だって、アドリブに近いようなあの雰囲気が、あの番組の売りだから。(個人的な意見です。)

ただ今回は、この番組の最大の目玉とも言うべき『みんなでうたおうZ』系の歌がかなり豊富に入ってます。
白井ヴィンセントの歌う完全オリジナルのご当地ソングは、かなりすばらしいものがあるので、これはかなり嬉しいです。
相模原の歌Ver.4や横浜18区の歌も完全収録してます。(18区の中では、南区の歌が一番好きかな。次が港北区のうた。)
収録曲は『優&ヴィンのうた』『アパートのうた』『さいたましのうた』『相模原のうた』『横浜18区アンソロジー』。

『みんなでうた』系はかなり面白いので、興味のある方は是非Youtube等で探してみてください。

吉祥寺のうた

国分寺のうた

東工大のうた

初回版には、映像特典の内容と歌詞カードをブックレットにした『ぶるる!(るるぶのパロディね。)奈良・三鷹ガイドブック』が付いてきます。(ちなみに俺のは破れてたぞ!このやろー!)

posted by Sandy Moon at 20:13| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

宇多田ヒカルが離婚とな?!

昨日から、暇さえあれば英語に漬かっている私です。
こんばんわ。

そんなもんで、今日はほとんど外界の情報シャットアウトだったんですが、ひとりさんのブログに遊びに行ったときに、衝撃的な文字が!

宇多田ヒカル 離婚

(」゜ロ゜)」!

え?えええええええ〜!?
いやー、びっくらこきました。
四年半か〜。いやいや、四年半前の衝撃を思い出しましたよ。

結婚も離婚も、本当に突然でびっくりしますな、この人は。

ラベル:宇多田ヒカル
posted by Sandy Moon at 23:46| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

宇多田ヒカル『Flavor Of Life』

fravoroflife1.jpg
宇多田ヒカルのニューシングル、『Flavor of Life』がリリースされました。
この曲は、ドラマ『花より男子2』のイメージソングとして、バラードバージョンが先に世に出ています。

Flavor of Life=人生の味、と言うことでしょうか、食べてみなけらばわからないと言うことで、象徴的なおにぎりの絵を描かれているそうです。
考えてみると、おにぎりって一番日本らしい食べ物のような気がします。
一時入院したときに、両手を怪我していたせいで食事がまともに取れず、毎食毎食おにぎりが出てきて、しばらくの間海苔の匂いをかぐだけで食欲をなくした時期がありましたが、それでもやっぱりおにぎりっておいしいなと思います。
具はシンプルなほうがいいですね。ただ塩を振っただけでも十分です。

このブログでもバラードVerを以前に紹介したように、バラードVerのイメージのほうが先行していますが、オリジナルもなかなかどうして、いい出来になってます。
スローなバラード版よりも少しテンポを上げており、同じ歌詞・同じメロディなのにコードまで少し上に転調してるような錯覚になります。
ただ、切ない歌詞なのでトータルバランスはバラードVerのほうがわずかに上かな?

しかし、宇多田ヒカルはやっぱり切ない曲のほうがいいなあ。
なんとなくものの見方や感じ方がひねくれていて、同じひねくれものの自分としては非常に共感できる部分が多くて好きなのです。
「愛してるよ よりも 大好きのほうが 君らしいんじゃない?」なんてゾクゾクしてきますね。

まあ、Keep TryinやTRAVELINGみたいなのも大好きなんですが。

今回のジャケットも非常に出来が良いです。
春らしいパステルカラーを基調にセンス良くまとめてあって、すごく素敵です。
ご自身も年相応のさわやかさと、ほんの少し大人っぽい雰囲気が出てきていい感じですね。
なんだか若干一青窈に似てる感じも…。

一時期、あまり好きになれない曲が続いていたのですが、最近作る曲は「ぼくはくま」も含めて結構いいものが多いと思います。
中でもこの曲は、今までの中でもかなり好きなほうです。
BEST5にはいるかな?

宇多田ヒカル『Flavor Of Life』
flavoroflife2.jpg
01.Flavor Of Life
02.Flavor Of Life−Ballad Version−
03.Flavor Of Life(オリジナルカラオケ)
04.Flavor Of Life(バラードVerカラオケ)
05.Flavor Of Life−Antidote Mix−





posted by Sandy Moon at 14:27| ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絢香×コブクロ『WINDING ROAD』

windingroad1.jpg
日産CUBEのCMソングでおなじみの曲、『WINDING ROAD』がリリースされました。
番組の共演をきっかけに意気投合したという、絢香とコブクロが織り成すハーモニーが美しい一曲です。
ボーカリストとしての個性が良くまとまっていて、バランスが取れた曲になっていると思います。
絢香はあんまり聞いたことが無いんですが、どちらかのイメージが勝ちすぎることの無い出来とでも申しましょうか。
かといって洗練された感じは無く、非常に手作り感のある、生っぽいグルーヴ感があって好感が持てます。
メインボーカルは絢香と黒田が歌い、コーラス全般を小渕が歌っているようですね。目立たないんですが、小渕のセンスのよさが良くわかります。気持ちよくなるコツをつかんでいると言うか。
器楽がない、アカペラパートが一番の聴き所でしょうか。

これが¥555なら、買ってみても損は無いんじゃないかな?

絢香×コブクロ『WINDING ROAD』
windingroad2.jpg
01.WINDING ROAD
02.WINDING ROAD(INSTRUMENTAL)



posted by Sandy Moon at 13:38| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

木村カエラ『Scratch』

scratch2.jpg
木村カエラの3rdアルバム、『Scratch』が発売になりました。

先日、先行で発売した『Snowdome/Ground Control』や『Magic Music』・『Tree Crimbers』等を含む全13曲になります。

木村カエラのアルバムは、今作品で三枚目。もう一作目のような素人臭はほとんどなく、立派なアーティストとして確立した感があります。
作詞は例によって、そのほとんどを自身が手がけていますし、中には作曲を手がけた曲(タイトルチューンのScratch他一曲)もあります。
作曲・プロデューサー陣も豪華で、一作目から参加している會田茂一やYUKIのプロデューサーでも有名な蔦谷好位置、ニルギリス、亀田誠治、toe、BEAT CRSADERS、Jez Ashurstなど枚挙に暇がありません。#9なんか「YUKIだったらどう歌うかな」なんて想像してしまいました。(でも雰囲気はあるけど、十分木村カエラの歌になってましたが。)
その甲斐あって、『全曲シングル候補でした(笑)』とパッケージに書くほど、全曲名曲ぞろい。
また、出た曲を一枚にまとめたと言う感じでなく、全体的なイメージの統一感がなされていると感じます。
ジャケットの写真の世界が上手に表現されています。そう、おとぎチックな(笑)。
ヘビーな感じの強い(?)よりは軽快なテンポで、今回はじめて買う人でも安心して聞ける感じです。

初回限定版には、最近ではもう当たり前のようなDVDが付属しています。
またこのDVDの内容が非常に濃く、500円くらいの差しかないので、可能なら絶対にこちらのほうがお勧めです。
なにせPV3曲+Live音源7曲で、Live音源では過去のシングル曲が多く収録されています。
(特にSnowdomeのPVは必見です。まじで良い!)

木村カエラの独特な不思議な雰囲気が凝縮されたこの一枚、強烈にお勧めします!!
さあ、まだ間に合う!CDショップへ走れ!マウスをクリックするんだ!


木村カエラ『Scratch』初回限定版 ¥3465(in Tax)
scratch1.jpg

【CD】
01.L.drunk
02.Magic Music
03.Snowdome
04.ワニと小鳥
05.dolphin
06.sweetie
07.きりんタン
08.Scratch
09.SWINGING LONDON
10.never land
11.TREE CLIMBERS
12.JOEY BOY
13.Ground Control(Album Mix)

【DVD】
01.Magic Music(PV)
02.TREE CLIMBERS(PV)
03.Snowdome(PV)
04.Level 42(Live)
05.リルラ リルハ(LIve)
06.BEAT(Live)
07.happiness!!!(Live)
08.誰(Live)
09.Circle
10.トゥリル トゥリル リカー(Live)


posted by Sandy Moon at 19:28| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おにぎり好きです。

onigiri.jpg
…と言うわけで、本日の笑っていいとも!のゲストは宇多田ヒカルさんでした。

わけあってリアルタイムに観れなかったんですが、携帯のビデオ機能を使って録画して、後で観ました。
はじめてワンセグが役に立った感じです。はい。

例のアンケート、取りましたね。
信じてもらえないかもしれないけど、コマーシャルのときに「なんだか知らないけど、こういう人は絶対はずさない気がする」なんて思ってたら、本当に取ってしまったからびっくり。
多分本人・押した人の次にびっくりした人になったと思います。
(しかも二回連続だそうです。)
明日のゲストは山田優さん。…くはっ、あざっす。
でも、宇多田ヒカルと山田優がどうしてもイメージで結びつかない。

さて、冒頭の「これ貼っといて」の時に、月末発売予定の『Flavor Of Life』のポスター貼ってましたね。
さっきようつべでこんなものを発見しました。




ありがとう と君に言われると なんだか切ない
さようなら の後も解けぬ魔法 淡くほろ苦い
The Flavor Of Life

友達でも恋人でもない中間視点で
収穫の日を夢見てる 青いFruit
後一歩が踏み出せないせいで
じれったいのなんのって Bybe

ありがとう と君に言われると なんだか切ない
さようなら の後も解けぬ魔法 淡くほろ苦い
The Flavor Of Life

甘いだけの誘い文句 味気のないTalk
そんなものには興味をそそられない
思い通りに行かない時だって
人生捨てたもんじゃないって

どうしたの と急に聞かれると ううん 何でもない
さようなら の後に消える笑顔 私らしくない

信じたいと 願えば願うほど なんだか切ない
愛してるよ よりも 大好きのほうが 君らしいんじゃない
The Flavor Of Life

忘れかけていた人の香りを
突然思い出す頃
降り積もる雪の白さをもっと
素直に喜びたいと

ダイヤモンド よりもやわらかくて 暖かな未来
手にしたいよ 限りある時間を君と過ごしたい

ありがとう と君に言われると なんだか切ない
さようなら の後も解けぬ魔法 淡くほろ苦い
The Flavor Of Life


…鳥肌が立ちました!!!
弦楽器のチューニング風景から一瞬の静寂の後、「♪ありが〜」とクルこのところでぞわわわわわわわわわわわわわわわって。
なんか以前に増して声に「艶」というか、セクシーな感じが増したような。(ご本人には驚くほど色気がありませんが。)


公式からも引っ張ってきました。

う〜ん、月末が楽しみです。
posted by Sandy Moon at 17:59| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

思い出しついでにもう一曲

なんだか、さっきオアシスを聞いてたら、もう一曲思い出した。
この曲は、きっと一生忘れないだろうな。

Foo Fighters『Next Year』


posted by Sandy Moon at 01:15| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱいいね、オアシス

noel.jpg
金曜ロードショーをみて、水曜どうでしょうをみて、さて次は…なんてザッピングしてたら『僕らの音楽』がやってた。
いつも見てるわけじゃないけど、タイミングが合うときは結構観てる。
今日は総集編みたいだったけど、最後にオアシスのノエルが、なんとビートルズのストロベリーフィールズフォーエバーを!
ラッキー!トイレに行きたかったんだけど、我慢してみたよ。
リアムじゃなくノエルが歌っているのもかなりうれしい。
なぜならオアシスで一番心をつかまれた曲がノエルの歌ってた”Little by Little”だったから。(結構遅いのです。)

かっこいーんだよねー、この曲。このためだけにヒーザンケミストリー買ったんだよねー。
Whateverも好きだけど、俺はやっぱこれ。(ちなみにベストを買わなかったのはこの二曲が入ってなかったから)

ノエルが歌ってるこのPV、ボーっと立っているだけのリアムがまた笑える。
仲悪いらしいからね、この兄弟。

まあ、良かったら聴いてみてください。

『少しずつ、俺たちは君がいままでに夢見たすべてを与えよう』
posted by Sandy Moon at 00:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

木村カエラ『Snowdome』

snowdome.jpg
木村カエラのニューシングル、『Snowdome』が出ました。

シングル曲は結構CMに使われているのが多いのですが、今回のSnowdomeは『JR SKISKI』のキャンペーンソングなんで、ボーダフォンのときの『リルラリルハ』ぐらいよく耳にしたんじゃないかと。
あのCMは本人も出演していて、かなり好きです。
ちなみに、しつこいようですが『リルラリルハ』の時は大嫌いでした。

今回、Snowdomeの作曲を担当したのはドットお面で有名な『BEAT CRUSADERS』のヒダカトオル。非常にしっとりとした、ミディアムな曲に仕上がってます。
最初は、リムショットのコツコツ感とギターのリヴァーブ感が非常に印象に残ります。
一回目のサビで速めのビートを刻んだかと思えば、二回目のAメロではスネアの軽快なテンポが心地よい。
間奏前に他の部分に無いメロディを展開し、ラス前からいったんアコギの伴奏のみでボーカルを際立たせたしっとり感を出し、ラスサビでは打ち込み系のリズムとウワァァンとリヴァーブするギターでためていき、エンディングに向かうと言うコークボトルのような王道スタイル。音が豪華で、しかも凝っているのですげーかっこいい。
切ない系の綺麗な歌詞と相まって、ボーカルの声質を最大限に引き出したパーフェクトな曲といっても過言ではありません。はっきり言っておしゃれです。
『BEAT』や『TREE CLIMBERS』のような曲があまり得意でない私にはストライクな楽曲です。

C/W…というか、両A面(古い?)の二曲目は『Ground Control』は『東芝 GIGABEAT』のCM曲として使われています。
そういえばCMで使われるときはほぼ、本人出てますね。
キットカットとモード学園くらいかな?出てないの。
こちらはUKのPOPバンド『farrah』のJez Ashurstが作曲を担当しています。
一曲目よりも疾走感の強い、元気な感じの曲に仕上がってます。
終始なってるインベーダーみたいな、ちょっと古い感じのシンセが良い感じです。シンプルかと思いきや、こちらも手の込んだ作りになってます。
歌詞が英語で、作曲がJez・ハーフのカエラが歌うのに、洋楽っぽく聞こえないのはご愛嬌ですが、そういった香りは非常に良く感じます。
和訳した歌詞も見ましたが、抽象的でハッキリ意味のわからないところなんてもう”そのもの”です。w

総じてこのシングルは非常に良いです。
ジャケットのセンスも”いかにも”って感じで、あいかわらずです。
構図もいいんですが、色のセンスも良いですよね、この人は。
というわけで、マジで良いです。強烈にお勧めしますが、2/7に両方とも入った3rd ALBUM『Scratch』が出ますし、初回版にはPVやLive映像の入ったDVDが付きますので、本命はこっちでしょうね。

ちなみにこのシングルにもLiveDVDが付きますが、こちらは…。

木村カエラ『Snowdome』
【CD】
01.Snowdome
02.Ground Control
03.Snowdome(インスト)
04.Ground Control(インスト)
【DVD】
01.TREE CRIMBERS
02.ROCK ON
木村カエラLIVE TOUR 2006 秋
〜PARLOR KIMURA DE BOB TOUR〜より収録




posted by Sandy Moon at 17:23| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

な〜んでもありでSNOW♪



今年のJR SKIのCMは、木村カエラのようです。

…たまんねー!!!

これスキー行きたくなるっしょ!なるっしょ!
もう最後に行ったのいつだ?ってくらい行ってないけど。

あの『べぇ〜』ってところがたまらなくかわいい…。


あー、スキーでもいきたいなぁ。
posted by Sandy Moon at 09:43| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。